ホーム > 刊行物 > 「国立競技場」2012 > 2012年 ロンドンオリンピック通信

2012年 ロンドンオリンピック通信

  2012年 ロンドンオリンピック通信 NAASH ロンドン事務所

1.はじめに

 ロンドンオリンピックでは、マラソンを始めとした長距離競技も行われます。それらの競技では、ロンドンの名所を巡るようにコースが工夫されています。

 

2.マラソン競技

 マラソンコースの決定までに紆余曲折がありました。当初は、東ロンドンにあるメイン会場をゴールとしたコースが検討されましたが、最終的には、観光と政治の名所が数多く集まるロンドン中心地の周回コースに決定しました。

 バッキンガム宮殿とトラファルガー広場を結ぶ道路:The Mallをスタートし、ロンドン市内の名所を巡り、周回を終え、The Mallにゴールが設置されます。

 ロンドン五輪組織委員会によると、コースをサーキット型にすることで、ロンドンの交通網への負担軽減と、観戦客が世界のトップランナー80名の走りを数多く見られるように配慮し、このコースとしたようです。 日本選手のメダルが期待できる女子マラソンは日本のゴールデンタイムに放映される予定です。

 バッキンガム宮殿、ビックベン、セントポール大聖堂、タワーブリッジなどロンドンのシンボル的建造物が連なるロンドンの美しい景色の中を颯爽と走る日本人ランナーを是非応援しましょう。

The Mall
(マラソン競技のスタートと
ゴール地点)
 
ロンドンのシンボル:ビッグベン
 

 

3.トライアスロン競技

トライアスロンの様子
(2010トライアスロン世界選手権/ロンドン)
 

 ロンドンにある都市型巨大公園として知られるハイドパーク。ロンドンの王立公園の中で最も広く、その面積は1.4で日比谷公園の約9倍です。

 トライアスロン競技は、このハイドパークで行われます。トライアスロン競技は、スイム:1.5km、バイク(自転車):4.3km、ラン:10kmで争われ、ハイドパークの中央部にあるサーペンタイン湖でスイムが行われます。その後、バイク(自転車)でハイドパーク内とバッキンガム宮殿を周回するコースを7周し、最後はサーペンタイン湖の回りを走り3周しゴールです。

 トライアスロン強国である英国は男女で今シーズンの世界ランキング1位の選手を擁し、人気も絶大です。

 

4.自転車(ロード)競技

 自転車(ロード)競技も、マラソン競技同様にThe Mallがスタートとゴールになります。ロンドンから南西に進路を取り、英国有数の宮殿であるハンプトンコートの前を通ります。その後、周回コースを走り終えたのち、ロンドン中心地を目指します。

 男子が250km、女子が140kmを競います。開会式直後の週末に行われる(今年7月28日(土)に男子、29日(日)に女子が開催)この競技は、オリンピック序盤を大きく盛り上げるでしょう。

 

5.トピック
  五輪パークに隣接するショッピングセンターオープン

 昨年9月13日、五輪パークの隣に大型ショッピングセンターとして、ウェストフィールド・ストラトフォードシティがオープンしました。

ショッピングセンターの入口
 

 都市型ショッピングセンターとしてはヨーロッパ最大で、最寄駅であるストラトフォード駅から五輪メイン会場や競泳会場等への通り道に建設され、何万人もの観光客の利用が見込まれています。

 ショッピングセンター内のデパートの一部には、五輪パークの展覧スペースが設けられ、刻々と変化する様子を眺めることができます。

 

ページトップへ