ホーム > 刊行物 > 「国立競技場」2010 > 西が丘サッカー場 太陽光発電LED照明装置の設置

西が丘サッカー場 太陽光発電LED照明装置の設置

  西が丘サッカー場 太陽光発電LED照明装置の設置  


 西が丘サッカー場改修工事に伴い、サッカー場の周辺の外灯に、太陽光発電LED照明装置が導入されました。導入された外灯は全21台で、ソーラーパネルがタイマー設定で動く追尾式とソーラーパネルが一定の方向を向いている固定式があり、追尾式はソーラーパネルが1時間に15度回転し、太陽の方向を常に向くように設計されております。固定式は追尾式とは違い、太陽の方向を向くことはできませんが、ソーラーパネルの枚数を追尾式の倍にし、発電量低下を抑える工夫がされております。どちらのタイプの外灯にも、照明のタイマーが組み込まれており、日没からの点灯時間を設定することができます。また、太陽光で発電された電力を蓄電する為、夜間や悪天候時等の発電量低下時にも、安定した電力を供給できる仕組みとなっております。温室効果ガス排出量の削減に、西が丘サッカー場も微力ながら取り組んでおります。今後とも環境問題に配慮した施設づくりを進めていきたいと思います。

〈固定式 5台設置〉
〈固定式 5台設置〉

〈追尾式 16 台設置〉
〈追尾式 16 台設置〉

 

ページトップへ