ホーム > 刊行物 > 「国立競技場」2010 > スポーツにおけるけが予防 第3回 スポーツ時の創傷のケアについて

スポーツにおけるけが予防 第3回 スポーツ時の創傷のケアについて

株式会社後楽園スポーツ 堀 裕一
現在、国立霞ヶ丘競技場(体育館、
水泳場、トレーニン グセンター)
統括マネージャー




創傷とは、何らかの刺激、外力を受けて損傷した状態のことを言い、原因としては、外傷による擦り傷や切り傷、やけどなどが挙げられます。屋内・ 外を問わずスポーツ活動では、熱が入れば入るほど、必然的に創傷する選手が増えてきます。今回はその際のケアについて、私の体験を踏まえてお話をさせてい ただきます。

先日、娘の幼稚園の運動会の親子リレーに参加したのですが、私は狭いトラックのコーナーで足を滑らせ、体勢を崩してしまいました。そのまま転 がっていれば、大した創傷にはならなかったと思うのですが、娘の前で醜態をさらすまいと、右脛で思いっきりブレーキをかけ、踏みとどまりました。幸いにも 後続には抜かれなかったのですが、右脛からダラダラと血が流れていました。私は、大したことはないだろうと高をくくり、患部に水を流しただけで、しばらく の間放置しておきました。

しかし、いっこうに痛みが治まらず、治癒する気配がありませんでした。かさぶたができては裂けできては裂けの繰り返しで、いつまでも患部がジク ジクしている状態でした。
病院に行こうか行くまいか決めかねていたある日、家内に※湿潤療法というケアを勧められました。家内は以前指を深く切ってしまったことがあるの ですが、医師の勧めで湿潤療法を行い、指を縫わずに2週間で完治させたことがありました。
※ 我々の体は非常に良くできていて、ケガした傷から、傷を治すために必要な成分が含まれた滲出液を作り出します。その滲出液を利用してケアすることを湿潤療 法と言うそうです。

従来の消毒+ガーゼ療法の真逆をいくようなケアでしたので、半信半疑でしたが、患部の治りが遅いので、騙されたと思って試してみました。市販さ れている湿潤療法用の絆創膏を購入し、患部を水できれいにして、その上に貼っただけなのですが、わずか3日ほどで創傷が治ってしまいました。あまりに短期 間に治癒してしまったので、さすがに驚きました。
  • 具体的なケアについて調べたところ、まず創傷した直後に水で傷口をきれいにします。その後、ラップ等の水を通さないフィルム(市販されて いる専用の絆創膏が便利です)を創傷部分に当てて、周りをテープでとめ、傷を常に湿らせた状態にします。そうすることで、滲出液が乾くことなく、自然治癒 能力によって、短期間で傷を治すことができるとのことです。ただ、気を付けることは、創傷の傷口が深い場合や、感染の恐れがある場合は、当然のことながら 医師の診断を受ける必要があります。
  • 創傷は数年前まで、消毒して、ガーゼをして、乾かして、かさぶたにして放置するのが良いと考えられてきましたが、今では前記したように、創傷を密 閉して、湿った環境にした方が、治りが早いと考えられるようになったそうです。
  • 湿潤療法が叫ばれるようになった近年は、創傷時に消毒液やガーゼを使用しなくなりました。なぜなら、消毒液は殺菌だけではなく傷を治そうとしてい る滲出液の中の成分も殺してしまい、ガーゼは、通気性が良いため、傷からの滲出液を吸収してしまい、さらにかさぶたを形成させ傷の治癒を邪魔してしまうか らだそうです。
湿潤療法は私がそうだったように、まだ半信半疑の方が多いようです。。今後皆さんが万が一創傷し、医師から湿潤療法を勧められることがありましたら、湿 潤療法も試してみてください。今まで試したことのない方は、その効果に驚くかもしれません。
以上、スポーツ時の創傷対策の参考になれば幸いです。

 

ページトップへ