ホーム > 刊行物 > 「国立競技場」2010 > Report!スタジアムプロジェクト2009 メインイベント 国立競技場ファンランDAY2009 ~美走体験~無事終了!

Report!スタジアムプロジェクト2009 メインイベント 国立競技場ファンランDAY2009 ~美走体験~無事終了!


参加賞のピンクのグローブをはめての記念撮影
参加賞のピンクのグローブをはめての記念撮影

11月22日(日)、2009年スタジアムプロジェクトのメインイベントである国立競技場初の主催 ランニングイベント「国立競技場ファンランDAY~美走体験~」が大盛況のうちに、無事終了しました。

スタジアムプロジェクト2009とは

スタジアムでの取り組みをより良くし、また広くその活動を知っていただくために、2008年より立ち上げられたスタジアムプロジェクトでは、 2009年のテーマを「豊かなスポーツライフの提案」とし、スポーツを継続し、健康的に生きる楽しさを知ってほしい、そのきっかけ作りをサポートする気持 ちで2009年の活動をスタートしました。
そのテーマをもとに、プロジェクトでは“継続性のあるイベントの立ち上げ”と“継続して研究していくべき事項”を挙げての長期的な研究という、 2本柱の活動に取り組んでいます。2009年の取り組みは以下の通りです。

  • 国立競技場主催のランニングイベント「国立競技場ファンラン DAY2009」
  • 継続して研究していくべき事項
    環境への取り組みや芝生の育成技術を活用した取り組み等の項目を挙げて、視察・調査等活動を進めているとこ ろです


国立競技場ファ ンランDAY2009事業報告

国立競技場ファンランDAY2009は、国立競技場初の主催ランニングイベントとして、アシックス・日刊スポーツ新聞社の共催で500名の初心 者から中級者までの方を対象とし、これからもランニングを楽しんで続けていただくために、自分のランニングの能力を体験し、今後のトレーニングに役立つ情 報をご提供するといったイベントです。
“個人で” “気軽に”始めることのできるランニングをきっかけに、豊かなスポーツライフを送っていただくきっかけづくりとなればと考えました。
全体の進行は、ジョン・カビラ氏をMCに起用し、ゲストとしてアスリートのマーラ・ヤマウチさん、君原健二さん、タレントの水野裕子さん、ア シックスイメージキャラクターのすみれさんなど豪華ゲストを迎え、国立で走ることのできるすばらしさを伝えていただきつつ、会場を盛り上げていただきまし た。
当日は12月並みの寒さという悪天候にもかかわらず、450名の参加者を迎え、開会式では、小野清子理事長の挨拶の後、君原健二さん、マーラ・ ヤマウチさん及び一般参加者による聖火リレーを行い、最終ランナーすみれさんと水野裕子さんが二人で聖火に炎をともしました。

聖火台で点火
聖火台で点火
DJブースでのトークショー
DJブースでのトークショー

第1部


ランニングイベント~美走体験~

第1部は、アシックスのスポーツ工学研究所からの提案によるプログラムで、四つの測定(◆柔軟・体重心測定◆脚力測定◆ピッチ・ストライド測定◆ランニ ングペース測定)を通して、各自のランニング能力を確かめていただくものでした。
柔軟・体重心測定は簡単な測定なのですが、自分の重心があまりに中心からずれてしまった様子に、参加者からは笑いや悲鳴が飛び交い、参加者同士 で測定し合うため、和気あいあいとした雰囲気に包まれた様子でした。
ゲストの方たちも、参加者と一緒になってランニングを楽しみ、イベントのアットホームな雰囲気に、参加者からも喜びの声が聞こえていたようで す。

能力測定などのプログラムを実施
能力測定などのプログラムを実施

第2部


ランニングクリニック

第2部のランニングクリニックでは、国立スポーツ科学センター、アシックスの協力の元、フォームチェックやスポーツクリニック、栄養学、心拍・ 筋力トレーニング、ウエアやシューズ選びといった、普段では体験できない中身の濃いクリニックをご提供しました。
ランニングクリニックは人数が限られたため、当日のキャンセル枠を求めて抽選で漏れた方の行列ができるほど人気が高く、参加者からは、満足の声 が聞こえていました。

脚力測定などのプログラムを実施
脚力測定などのプログラムを実施

その他企画


多数の参加者がスタジアムツアーを体験
多数の参加者がスタジアムツアーを体験

スタジアムツアー&フリーラン

第2部のランニングクリニックに参加されない方へのプログラムとしてご用意したスタジアムツアーにも多数ご参加いただき、国立競技場内やスポー ツ博物館の見学をしていただきました。普段は見られない国立競技場の姿を見られたことに、喜びの声があったとのことです。
その後のフリーランでも、たくさんの方がゲストの方と共に、ランニングを楽しんでお帰りになりました。
また、全体の進行の特徴の一つとして、昨今のランニングのトレンドの一つに音楽がある、ということで、“ランニングMUSICボックス”と題 し、各ゲストや参加者の推薦するランニングミュージックや、参加者からの質問や熱い想いを交えたリクエストをとり、第1部だけではなく、第2部のフリーラ ンの時間にも、ジョン・カビラさんのMCにより、ゲストとのトーク、ランニングに合った音楽の紹介が入り、ラジオを聴いている感覚で楽しくランニングする 雰囲気でイベントを盛り上げていただきました。
アンケートの結果を見ても、このファンランDAYに対する外部の期待は大きく、今後も末長く愛されるイベントとして続けていくことができればと 思っております。
マーラ・ヤマウチさんや君原健二さんが参加
マーラ・ヤマウチさんや君原健二さんが参加

 

ページトップへ