ホーム > 刊行物 > 「国立競技場」2011 > ~秩父宮記念スポーツ博物館だより~ 臨時休館のおしらせとアマチュア写真コンクール展の開催

~秩父宮記念スポーツ博物館だより~ 臨時休館のお知らせとアマチュア写真コンクール展開催

  秩父宮記念スポーツ博物館・図書館  


◆臨時休館のおしらせとアマチュア写真コンクール展の開催

中島英吉「攻防」(全国スポーツ写真コンクール入選作)
中島英吉「攻防」(全国スポーツ写真コンクール入選作)

秩父宮記念スポーツ博物館

 スポーツ博物館のある国立競技場では、現在、随所で耐震改修工事等を実施中です。その影響で、2011 年は1月から3月半ば過ぎまでの間、競技場のスタンドをご覧いただくことができません。

 また、スポーツ図書館は12月下旬から1月一杯、博物館は1月24日から3月半ばまで、臨時休館をする予定で調整を図っています。詳しいことは、随時ホームページ等でお知らせいたします。

 ところで、国民体育大会(国体)の公開競技である「スポーツ芸術」の一環として、「全国スポーツ写真コンクール」(主催 文部科学省、(財)日本体育協会、NPO 法人日本スポーツ芸術協会、国体開催自治体)が、毎年行われています。

 休館期間をはさむようなかたちになりますが、スポーツ博物館では、2011 年5月の連休前後まで、昨秋の「ゆめ半島 千葉国体2010」で行われた「全国スポーツ写真コンクール」の入選作品29点を展示いたします。

 これらの写真は、アマチュアの手によるものですが、プロの写真家ならば絶対に撮らないような視角から写された、斬新な印象を与える作品には、毎年好評が寄せられています。

 躍動感や激しさ、ユーモアやほほえましさにあふれるスポーツ写真の数々を、どうぞご覧ください。

 

 

ページトップへ