ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成28年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人 BIWAKO SPORTS CLUB】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人 BIWAKO SPORTS CLUB】

 平成28年度総合型地域スポーツクラブ活動助成(クラブマネジャー設置事業)の助成事業者である、特定非営利活動法人BIWAKO SPORTS CLUBの調査を行いました。
 当クラブは、滋賀県の大津市を中心に活動を行っており、現在6種類のスポーツ教室を展開しています。クラブ会員数は約370名で、特に小学生から中学生が多く在籍しています。中でも会員数が多い教室は「サッカースクール」と「陸上スクール」です。スクールはレベル分けがされており、楽しむことを目的とした内容、及び技術を高める競技向けの内容を設け、習熟度や志向に合わせた教室を展開しています。
 今回視察を行った「サッカースクール(アカデミーコース)」は、小学生を対象とした教室で、基礎から応用まで個々のレベルに合わせた指導をしています。参加者はたくさんの障害物の間を避けながら素早く、器用にドリブルをしていました。全員が元気にスクール活動に取り組んでいる様子が印象的でした。
 クラブ運営の面では、会員確保のために設立当初からスクールの名前やプログラムの設定を変更するなど、試行錯誤を繰り返し、現在は安定した会員の確保が出来ています。また、クラブの認知度が高まったことで、現在は約20社の地域企業が賛助会員としてクラブを支援しています。
 今後は何世代にもわたり、地域住民がクラブに関わり続けることができるように、誰もが気軽に立ち寄れる地域のコミュニティーの拠点を築いていくことを目標としています。 
 現在のスポーツ活動を軸に地域の協力を得ながら、より一層、地域のスポーツ活動の活性化に貢献できるクラブとなることを期待します。

(平成28年9月30日往訪)

助成団体 特定非営利活動法人 BIWAKO SPORTS CLUB
事業名 クラブマネジャー設置事業
事業細目名 総合型地域スポーツクラブマネジャー設置
助成金額 1,944,000円
 

 

   
サッカースクールの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ