ホーム > 国立競技場の歴史

国立競技場の歴史

国立競技場の歴史

東京オリンピックの開会式の会場であったことは有名ですが、実は、その少し前に開催されたアジア大会のために建設されたというのはご存知ですか?
 国立競技場はいつ、どのように建設され、どのような歴史を辿ってきたのでしょうか。その歴史は、大正時代まで遡ります。

国立競技場の芝生の話

芝生の話 「なぜに国立競技場の芝生は美しいのか?~グラウンドキーパー汗と涙の奮闘記~」がご覧いただけます。
第1回 芝生のルーツ
第2回 誕生!緑の悪魔
第3回 水と仲良くなる方法!Part1
第4回 水と仲良くなる方法!Part2
第5回 「30cm」と「0.5mm」
第6回 大自然の小さな助っ人
第7回 グラウンドキーパーと頼れる仲間達
第8回 新生秩父宮ラグビー場ができるまで!Part.1
第9回 新生秩父宮ラグビー場ができるまで!Part.2
第10回 唄う国立競技場♪(最終回)

略年表

1958年 3月
国立競技場完成
5月 第3回アジア大会
1959年 1月 秩父宮記念スポーツ博物館開館
10月 第14回国民体育大会
1964年10月 第18回オリンピック東京大会
1966年10月 「体育の日」制定記念中央大会
1967年 8月 第5回ユニバーシアード東京大会
1968年 1月 第47回天皇杯全日本サッカー選手権大会(以降毎年開催)
1973年 9月 陸上競技場全天候型走路完成
1975年 1月 第12回日本ラグビーフットボール選手権大会(以降2004年まで毎年開催*1)
1977年 1月 第55回全国高校サッカー選手権大会(以降毎年開催)
1979年11月 第1回東京国際女子マラソン(以降2008年大会終了まで毎年開催*2)
1981年 2月 第1回東京国際マラソン(以降2006年大会終了まで毎年開催)
2月 第1回ヨーロッパ/サウスアメリカカップ[トヨタカップ](以降2001年まで毎年開催)
1991年 8月 第3回世界陸上競技選手権大会
1993年 5月 Jリーグ開幕戦
1996年 6月 3大テノール日本公演
2003年 9月 ジャパンラグビートップリーグ開幕戦
2014年 56年の歴史に幕を下ろす

*1・・・2001年を除く *2・・・1990年を除く

 
 

入場者ベスト10

1964年
10月24日

第18回東京オリンピック閉会式
入場者数:79,383人
1964年
10月10日

第18回東京オリンピック開会式
入場者数:74,534人
1982年
12月5日

関東大学ラグビー対抗戦(早稲田大対明治大)
入場者数:66,999人
1958年
5月28日

第3回アジア競技大会
入場者数:65,428人
1985年
1月15日

第22回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝(釜石対同志社大)
入場者数:64,636人
1958年
5月29日

第3回アジア競技大会
入場者数:64,426人
1958年
5月26日

第3回アジア競技大会
入場者数:64,236人
1984年
11月23日

関東大学ラグビー対抗戦(早稲田大対慶応大)
入場者数:64,001人
1977年
9月14日

ペレ・サヨナラ・ゲーム・イン・ジャパン(サッカー日本代表対N.Y.コスモス)
入場者数:61,692人
1989年
1月15日

第26回日本ラグビーフットボール選手権大会決勝(大東文化大対神戸製鋼)
入場者数:61,105人

 

ページトップへ