ホーム > スポーツ博物館 > 巡回展事業

巡回展事業

当館では、文化庁「平成28年度地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の補助金により、
下記巡回展を実施します。



2020年東京オリンピック・パラリンピックがやってくる
秩父宮記念スポーツ博物館北海道巡回展

会場  北海道博物館 2階特別展示室
住所  北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53−2
会場
アクセス
  
 〈バス〉
  ・新札幌駅から バスターミナル・のりば⑩(北レーン) 
       ジェイ・アール北海道バス新22  「開拓の村」行き乗車、「北海道博物館」下車。
  ・森林公園駅から東口のりば 新札幌駅からの上記のバスが森林公園駅に寄ります。
  ・大麻・江別方面から  ジェイ・アール北海道バス・夕鉄バス新札幌方面行き乗車、
   「厚別東小学校前」下車(バス停から徒歩15分)。
  〈タクシー〉  新札幌駅から約10分   
  〈徒歩〉  森林公園駅から20〜25分 
  駐車場有(無料)


 


会期  平成29年2月3日(金)から3月17日(金)
開館時間   9:30~16:30(入館は16:00まで)         
休館日  毎週月曜日、2月19日(日)
観覧料  
 無料
 
 巡回展を開催する特別展示室は無料ですが、総合展示室は下記入場料がかかります。
 ■総合展示室料金 一般600(500)円、大学生・高校生300(200)円    
 ※()内は10名以上の団体料金 
 ※障害がある方は無料(障害者手帳などをご提示ください。)
 ※中学生以下、65歳以上の方は無料(年齢のわかるものをご提示ください)
 ※高校生は土曜日無料

主催

 独立行政法人日本スポーツ振興センター / 公益財団法人日本オリンピック委員会
 
非営利活動法人日本スポーツ芸術協会 / 北海道博物館 
  一般財団法人北海道歴史文化財団
           

後援  公益財団法人日本体育協会
 
公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
 
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
 
公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会
協力  公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
事業運営  スポーツミュージアム連携・啓発事業実行委員会
 トーク
イベント

「金メダリストが語る オリンピック・パラリンピック ~過去そして未来へ~」
  
日  時:平成29年2月3日(金)11:00~12:00
  
M  C:逸見 佳代  
1979年生まれ。山梨県笛吹市出身。
スキー・フリースタイル・エアリアルの選手として2006年トリノオリンピックに出場。ワールドカップには1997年より参戦し、自己最高8位。そのほか、全日本選手権大会優勝10回、世界選手権大会出場3回を誇る。現在は、全日本スキー連盟フリースタイルスキーエアリアルコーチのほか、Bifuka Air Force所属・コーチ、美深町冬季スポーツ指導員・北海道地域タレント発掘・育成コンソーシアムコーディネーターを務めている。            
 
 ゲ ス ト:阿部 雅司
 1965年生まれ。北海道留萌郡小平町出身。
 スキー・ノルディック複合の選手として1988年のカルガリーオリンピック、1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピックの3大会に出場。1994年のリレハンメルオリンピックでは複合団体金メダルを獲得。そのほか、1993年スウェーデン世界選手権、1995年カナダ世界選手権でも複合団体金メダルを獲得している。現在は、名寄市特別参与スポーツ振興アドバイザー、全日本スキー連盟複合専門委員を務めている。
           
 ゲ ス ト:河合 純一
 1975年静岡県浜名郡舞阪町生まれ。
 生まれながらの弱視で右目のみ0.1の視力であったが、15歳で失明。5歳から始めた水泳でバルセロナ大会、アトランタ大会、シドニー大会、アテネ大会、北京大会、ロンドン大会と計6回パラリンピックに出場し、金メダル5個を含む21個を獲得した。(日本人最多) 2016年には日本人として初めてパラリンピック殿堂入りを果たす。現在は、日本スポーツ振興センターの研究員として働く一方、早稲田大学で非常勤講師として教壇に立ち、同時に日本パラリンピアンズ協会会長も務めている。

 



 

ページトップへ