ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成27年度) > 助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:長野県松本市】

助成事業紹介 【スポーツ振興くじ助成:長野県松本市】

 平成26年度地域スポーツ施設整備助成の助成事業者である長野県松本市を訪問し、人工芝生化新設事業及びスポーツ競技施設等の整備事業について、実施状況調査を行いました。
 当施設は、松本市内で飽和状態にあったサッカー場利用の分散化を図り、既存施設との連携により、より多くのスポーツイベントを効率的に行うことを目的として、整備されました。
 人工芝の整備、夜間照明の設置により、雨天時や夜間での利用が可能となっており、調査時点での利用率は100%となっています。学生や高齢者、プロスポーツ選手等、幅広い方々が利用しており、安定した利用料収入が見込まれると共に、施設を利用する方々が積極的に交流することで、地域の活性化が図れる施設となっています。
 現在は、Jリーグ加盟クラブである松本山雅FCの練習拠点として開放することが多い為、今後は一般開放を増やし、地域住民の為のスポーツ施設であることを広く認知してもらうことが重要です。
 引き続き、地域住民や子供達がプロスポーツ選手と身近に触れ合えるスポーツ施設であると共に、気軽に立ち寄れるような、地域に根付いたスポーツ施設として、発展されることを期待します。

(平成27年10月16日往訪)

助成団体 長野県松本市
事業名 ①松本市かりがねサッカー場人工芝新設整備事業
②松本市かりがねサッカー場人工芝夜間照明設置事業
事業細目名 ①人工芝生化新設
②スポーツ競技施設等の整備
助成金額 ①38,400,000円
②16,000,000円
 

 

 人工芝を新設したかりがねサッカー場の様子 かりがねサッカー場の様子 
人工芝を新設したかりがねサッカー場の様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ