ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮城県山元町】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:宮城県山元町】

 平成29年度地方公共団体スポーツ活動助成の地域スポーツ活動推進事業(大型スポーツ用品の設置)で、山元町体育文化センターのトレーニングルームにランニングマシンを設置した宮城県山元町の実施状況調査を行いました。
 当該施設は、午前9時から午後9時半まで開館しており、高齢者を中心に多くの方に利用されています。ランニングマシンは施設内のトレーニングルームに新たに設置され、雨天などの天候不順の日でもランニングを楽しむことができると利用者から好評を得ています。また、ランニングマシンと同年度にスポーツ振興くじ助成金を活用して更新された、胸筋などを鍛えるフライマシンや下半身に負荷を掛けるレッグカール&エクステンションマシンも多くの地域住民に利用されており、トレーニングルームの利用者数は設置後の半年間で、昨年度1年間の利用者数を超えました。
 さらなる利用者の増加が見込まれるため、マシンの利用時間に制限を設ける等の調整が必要になる点が今後の課題として挙げられますが、本事業が引き続き地域のスポーツ振興及び地域住民の健康増進に寄与することを期待します。

(平成30年11月13日往訪)

助成団体 宮城県山元町
事業名 山元町体育文化センターランニングマシン設置事業
事業細目名 大型スポーツ用品の設置
助成金額 595,000円
 

 

(写真)山元町体育文化センターのランニングマシンの様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ