ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:青森県】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:青森県】

 平成30 年度総合型地域スポーツクラブ活動助成のクラブアドバイザー配置事業を受けている青森県の調査を行いました。青森県内で活動している総合型地域スポーツクラブは40市町村中30市町村(35クラブ)にあります。さらに総合型クラブの設立準備委員会は5市町村にあり、青森県としては育成率100%を目指して現在様々な活動をしています。
 今回の調査では県の担当者とともに、クラブアドバイザーが平内町の総合型クラブ設立準備委員会を往訪し、クラブ設立に向けて規約、役員体制及び会費等の協議を行いました。当委員会は、助成事業のうち、総合型地域スポーツクラブ創設事業を受けていることに加え、町からの人的支援もあり、総合型クラブ設立に向けて熱心な取組みを行っています。今後、平成31年度中のクラブ設立へ向けてクラブ名を地域住民から公募することとしており、地域に根差したクラブを目指しています。
 クラブアドバイザーの課題としては、県内各クラブを年に数回往訪できるよう努めているところですが、広域な県内の移動に時間を要することや、クラブごとに必要とする支援内容も異なることから、1名での支援体制では難しいことが挙げられます。そのため、平成31年度以降、クラブアドバイザーの増員を検討しています。また、県内の総合型クラブの課題としては、行政や学校での認知度が低いことや、少子化に伴ってどのように会員や運営に関わる人材を確保するのかといったことが挙げられます。この課題に対して、クラブアドバイザーは、会員同士のコネクションづくりや、新たな人材発掘事業についての指導・助言を行っています。
 さらに青森県では、総合型クラブの将来的な役割として、スポーツだけでなく、様々な分野とのパイプ役となり、学校部活動や健康福祉等、地域住民が関わるスポーツ活動の受け皿となるよう期待しています。そのため、クラブアドバイザーは多方面における専門知識を持って、クラブ活動に指導・助言を行っていくこととしています。今後も県や市町村の協力のもと、青森の地域特性やクラブの実情に応じた指導・助言等を行い、より多くの地域住民がスポーツに親しむことのできる総合型クラブが創設・育成されることに期待します。

(平成30年10月31日往訪)

助成団体 青森県
事業名 クラブアドバイザー配置事業
事業細目名 クラブアドバイザー配置
助成金額 2,264,000円
 

 

(写真)クラブ訪問の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ