ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大分県宇佐市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:大分県宇佐市】

 平成29年度地域スポーツ施設整備助成で、グラウンド芝生化事業を行った大分県宇佐市にある宇佐市平成の森公園陸上競技場の調査を行いました。
 宇佐市平成の森公園は、野球場やテニスコート等が併設されている複合型施設で、平成25年度に策定された『宇佐市スポーツ推進計画』に基づき、公園内の改修工事を実施していました。
 今回、くじ助成によって改修された陸上競技場のフィールドは、サッカーやラグビーにも利用することが可能で、人工芝化されたことで、雨の日でも安全に利用することができるため、利用者から好評を得ています。人工芝の管理面においては、利用者への注意喚起だけでなく、市で人工芝専用の清掃機を揃えるなど、徹底して行われています。
 また、公園内には宿泊施設も新設され、周辺では珍しい競技場と宿泊場所が併設されている施設となったため、県外のサッカークラブの合宿利用が増え、すでに利用者数は芝生化前の約5倍に増加しました。利用者の増加によって、周辺施設やアクセス面での充実、夏場の熱中症対策等が求められますが、今後もスポーツ活動の拠点としてだけでなく、地域活性化の拠点として発展していくことを期待しています。

(平成30年10月11日往訪)

助成団体 大分県宇佐市
事業名 宇佐市平成の森公園多目的運動広場人工芝生化新設事業
事業細目名 人工芝生化新設
助成金額 48,000,000円
 

 

(写真)陸上競技場の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ