ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:茨城県鉾田市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:茨城県鉾田市】

 平成30年度地方公共団体スポーツ活動助成を受けている茨城県鉾田市の実施状況調査を行いました。
 今回調査した「第14回ほこたハーフマラソン大会」は、平成17年に第1回大会が行われ、毎年開催しています。開催当初は10kmが最長コースでしたが、第10回記念大会よりハーフマラソンの部を開始しました。現在はハーフマラソンの部、5kmの部、3kmの部、2kmの部、1.2kmの部が開催されています。ひとりでも多くの方が入賞できるように、男女や年齢ごとに計30のカテゴリーを設けています。
 調査当日は天候と気温に恵まれ、約2,000人の選手と応援の人々で、スタート地点及びゴール地点の鉾田市役所は賑わいを見せていました。選手は応援の人々の前を颯爽と駆け抜け、力走を繰り広げていました。表彰式で満面の笑みで表彰台に上がる姿、親子カテゴリーの賞状を嬉しそうに見つめる親子の姿、走り終えた後にふるまわれていた豚汁を美味しそうに食べる姿など、多くの参加者が楽しめる大会となりました。
 市の中でも大きなイベントである本大会の運営は、地域住民が様々な形で関わっており、地域との一体感も感じることができます。大会役員、地域住民のボランティアなど、約600人が関係者として携わっています。安全対策については、地元警察の協力、本部には医師と救急車の常駐、走行ルートの各ポイント地点への人員配置など、有事の際に速やかに対応できるように、対策をとっていました。臨機応変に対応できるよう、各地点と本部が常に無線で連絡を取り合い、最新の運営状況を確認し、参加者の安全を最優先に考えた運営がなされていました。
 今後も本大会を滞りなく開催していく為に、課題や反省点を改善しながら、より一層、参加者と地域が一体となって盛り上がる大会となることを期待します。

(平成30年12月16日往訪)

助成団体 茨城県鉾田市
事業名 第14回ほこたハーフマラソン大会
事業細目名 スポーツ教室、スポーツ大会等開催(地方)
助成金額 3,200,000円
 

 

(写真)第14回ほこたハーフマラソン大会の様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ