ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:山形県村山市】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:山形県村山市】

 平成29年度地方公共団体スポーツ活動助成で、大型スポーツ用品の設置を行った山形県村山市の調査を実施しました。
 村山市民体育館は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプ地としてブルガリア新体操ナショナルチームに利用されており、スポーツ振興くじ助成金を活用して新体操マットを設置しました。
 新体操マットは、通常の体育施設では設置されていない用具であることから、今回設置したことにより、海外のアスリートによる市内中学生への指導の機会を設けることができ、競技者にとっては、本番に近い環境で練習できるようになりました。
 今後の課題としては、定期利用の回数が想定より少ないため、利用される機会の拡大を目標として競技団体や競技者へアプローチしていくことが挙げられます。
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた事前キャンプの実施により、新体操への関心が高まり、安全で継続的に競技力を高められる拠点として、スポーツ振興に広く利用されることを期待します。

(平成30年11月5日往訪)

助成団体 山形県村山市
事業名 村山市民体育館新体操マット設置事業
事業細目名 大型スポーツ用品の設置
助成金額 6,000,000円
 

 

(写真)村山市民体育館新体操マット

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ