ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成30年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人日本カントリー&ライン・ダンススポーツ連盟】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人日本カントリー&ライン・ダンススポーツ連盟】

 平成30年度スポーツ振興くじ助成(スポーツ教室、スポーツ大会等の開催)を受け事業を行っている一般社団法人日本カントリー&ライン・ダンススポーツ連盟の実施状況調査を行いました。
 『ジャパンカントリーダンスチャレンジ』は「カントリーダンス」「ラインダンス」において日本で唯一の競技会・イベントとして開催されています。今年は10月6日(土)の競技会、7日(日)のワークショップ(ダンスのレッスン)の2日間にかけて開催され、競技会としての役割だけではなく、競技普及のための取り組みも行われています。
 調査時には各レベル・各年代の参加者が華やかな衣装やカントリー調の衣装を身にまとってリハーサルに余念がありませんでした。その後、始まった競技においても各チームが軽やかに、楽しげに、そして大胆に踊っている姿は目を奪われるものでした。参加選手の年齢層も幅広く、チームによって衣装やダンスの雰囲気が全く異なるため、観客も飽きることなく、時間を忘れて見入ってしまうほどでした。
 カントリーダンス・ラインダンスは日本ではまだ広く普及していないスポーツであることから、参加者の募集や集客、審判員の招集をはじめとした運営面が課題として挙げられますが、助成を受けることにより、参加者を募るためのチラシ作成などの面で競技会の充実を図ることができました。
 今後も引き続き大会運営のノウハウを蓄えることで、継続可能な競技会となるよう、さらには幅広い年齢層が活躍できるスポーツとして、より発展されることを期待しています。

(平成30年10月6日往訪)

助成団体 一般社団法人日本カントリー&ライン・ダンススポーツ連盟
事業名 ジャパンカントリーダンスチャレンジ
事業細目名 スポーツ教室、スポーツ大会等開催(スポーツ)
助成金額 896,000円
 

 

(写真)ジャパンカントリーダンスチャレンジの様子

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ