ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成29年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人加賀市スポーツ振興事業団】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:特定非営利活動法人加賀市スポーツ振興事業団】

 平成29年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っている特定非営利活動法人加賀市スポーツ振興事業団の調査を行いました。
 当法人は、健康づくりや仲間づくりを大切にしているため、生涯スポーツ、ニュースポーツを中心に、子ども連れや高齢者が参加できる教室及びイベントを実施していて、3種目の教室があります。助成金を活用することで教室実施に必要な消耗の激しいスポーツ用具を補充するなど、参加者が充実してスポーツを楽しめる環境づくりができています。
 今回調査を行ったファミリーバドミントンは、毎週金曜日に実施されていて、バドミントンよりも短いラケットとコルク部分がスポンジになっているシャトルを用いているため、幅広い世代が楽しめる種目です。調査当日は、40名ほどの参加者がいました。体育館の半面を利用してバドミントンのコートを4面とり、3人対3人の試合形式で行っていて、和気あいあいとした雰囲気で、声を掛け合って楽しそうに活動されている姿が印象的でした。
 今後は高校生や大学生の世代の参加者が増えるようなクラブづくりが課題でありますが、現在取り組んでいる生涯スポーツ、健康スポーツを幅広い世代の地域住民に提供できるクラブとしてさらに発展していくことが目標です。

(平成29年12月8日往訪)

助成団体 特定非営利活動法人加賀市スポーツ振興事業団
事業名 ①NPO法人KSSA総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
②NPO法人KSSA総合型地域スポーツクラブクラブマネージャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置事業
助成金額 ①1,232,000円
②1,944,000円
 

 

(写真)ファミリーバドミントンの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ