ホーム > 助成活動実績 > 助成事例紹介(平成29年度) > 助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人わくわくピース総合型クラブ】

助成事業紹介【スポーツ振興くじ助成:一般社団法人わくわくピース総合型クラブ】

 平成29年度総合型地域スポーツクラブ活動助成で、活動基盤強化事業・クラブマネジャー設置事業を行っている一般社団法人わくわくピース総合型クラブの調査を行いました。
 当クラブは、総合型地域スポーツクラブとして活動を始めて4年目で、会員数は約80名です。こちらの地区ではもともと子どもたちのスポーツができる機会が少なかったため、以前は隣の地区まで通っていましたが、親の会話の中から子どもたちが歩いて行き来できるところで何かさせてあげたいという声が、クラブの設立のきっかけになりました。
 現在はタグラグビー、スポーツ吹矢、サッカー、スポレックの4種目を中心に活動し、最近はダブルダッチ、バドミントン、保護者向けのフィットネスなどの教室も増えてきています。定期的にイベントを開催し、地域住民にさまざまなスポーツに触れてもらったり、クラブの認知度を高めることで、会員の確保を図っています。また、助成金を活用することによって、クラブマネジャーや指導者などの人材の確保ができ、事業の拡大へと繋がっています。
 今回調査を行った「わくわくサッカー」は、毎週水曜日15時30分から行われている事業です。クラブの専従の指導者に加えて、近隣の学校のサッカー部の生徒が一緒に教えていました。参加人数はサッカーのチームを組むには足りない人数でしたが、その分、一人ひとつのボールで、シュートの練習、ドリブルの練習、ペアを組んでのパスの練習をしていて、まさに子どもたちがしっかりとスポーツに触れる機会が与えられているという印象を受けました。
 今後も、クラブの活動をより多くの地域住民に知ってもらい、会員となってもらうことで、地域住民がスポーツに触れられる機会を提供できる総合型地域スポーツクラブとして発展していくことを期待します。

(平成29年10月25日往訪)

助成団体 一般社団法人わくわくピース総合型クラブ
事業名 ①一般社団法人わくわくピース総合型クラブ活動事業
​②一般社団法人わくわくピース総合型クラブクラブマネジャー設置事業
事業細目名 ①総合型地域スポーツクラブ活動基盤強化事業
​②総合型地域スポーツクラブマネジャー設置事業
助成金額 ①1,907,000円
②1,080,000円
 

 

(写真)わくわくサッカーの様子

 

関連サイト

最高6億円くじBIGは予想いらずで宝くじ・ロト6のように手軽に買えるくじ。さらにその収益は日本のスポーツ振興のために役立てられます。

ページトップへ