豆乳鍋

豆乳鍋の画像

[材料1食分]

豚もも肉
(薄切り)・・
80g
かぶ・・・・・ 3個
(130g )
人参・・・ 20g
しめじ・・・・ 25g
にら・・・・・ 1/4束
(25g)
豆腐・・・・・ 1/4丁
(75g)
豆乳(無調整)・・ 1カップ
(200cc)
水・・・・・ 1カップ
(200cc)
和風だしの素
(顆粒)・・・
小さじ1/2
(2g)
しょうゆ・・・ 大さじ1/2
(9g)
 
ポン酢しょうゆ・ 適宜
こねぎ・・・ 適宜
七味とうがらし・・ 適宜

高たんぱく質 高鉄 高カルシウム 高ビタミンB1

[作り方]

(1) かぶは皮をむき、葉の根元部分を少し残して6等分にし、人参はピーラー(皮むき器)で薄切りにする。しめじは石づきを切り落として小房に分け、にらは3~4cmの長さに切る。豚肉と豆腐は食べやすい大きさに切り、こねぎは小口切りにする。(切り方と石づきについては調理の基本項目参照)

(2) 鍋に豆乳と水、和風だしの素、しょうゆを入れて煮立て、豚肉とにら以外の(1)を入れて野菜に火が通るまで煮る。

(3) 最後に豚肉とにらを入れ、火が通ったら汁ごと器に取り分ける。ポン酢しょうゆ、こねぎ、お好みで七味とうがらしを加える。

[ワンポイントアドバイス]

鍋は体を温めてくれるので、寒い季節にはぴったりの料理です。調理も簡単で時間もかからないうえ、肉や魚、豆腐、不足しがちな野菜など、多種類の食品を一度にとることができます。
今回、汁に使った豆乳は植物性たんぱく質のほか、ビタミンB群やビタミンE、鉄などいろいろな栄養素が含まれている食品です。最後にめん類やご飯、もちなどを入れ、汁も一緒にとると溶け出した栄養素も余すことなくとることができます。
これからの季節、しょうゆや味噌仕立ての鍋とはひと味違う「豆乳鍋」を囲んでみてはいかがですか。

[栄養量1食分]

エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
ビタミンA
(μgRE)
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
食物繊維
(g)
368 33.2 15.7 23.1 181 4.4 221 0.94 0.38 34 4.7

2004年12月作成





ページトップへ