揚げない酢豚

揚げない酢豚

[材料1食分]

豚もも肉
(薄切り)・・・
100g
玉ねぎ・・・ 1/4個
(50g)
人参・・・ 1/8本
(20g)
ピーマン・・・ 1個(30g)
片栗粉・・・ 適量
油・・・ 小さじ2(8g)
   
A
しょうゆ・・・ 小さじ1(6g)
おろししょうが・・ 少々
   
B
砂糖・・・ 大さじ1(9g)
トマトケチャップ・・ 大さじ1 1/2
(22.5g)
酢・・・ 大さじ1 1/2
(22.5g)
水・・・ 大さじ1
(15g)
片栗粉・・・ 小さじ1/2
(1.5g)

5 8

[作り方]

(1) 豚肉は食べやすい大きさに切ってボウルに入れ、Aを加え、よくもみ込んでおく。玉ねぎはくし切りにしてさらに半分に、ピーマンは食べやすい大きさに切り、人参は薄い半月切りにする。(切り方は調理の基本項目参照)

(2) Bの材料を混ぜておく。(片栗粉がダマにならないようによく混ぜる)

(3) バット(なければ皿)に片栗粉を適量入れて(1)の豚肉に薄くまぶす。フライパンに油を熱し、豚肉を表面がきつね色になるまで中火で焼き、皿に取り出す。

(4) フライパンに人参、ピーマン、玉ねぎの順に入れて炒める。野菜に火が通ったら弱火にし、豚肉とBを加えて大きく混ぜる。とろみが出てきたら火を止め、皿に盛り付ける。

[ワンポイントアドバイス]

酢豚は本来、豚肉のから揚げと野菜の素揚げを甘酢あんの中に入れて炒めて作ります。しかし、揚げ物は温度の管理が難しい、油の処理や掃除が大変、などの理由でひとり暮らしの人や料理が苦手な人は敬遠しがちです。今回の酢豚は具材を揚げずに焼いているので、油の処理にも困らず手軽に調理できます。一般的には豚肉のかたまり肉を使うことが多いですが、今回は火が通りやすい薄切り肉を使いました。
体づくりに不可欠なエネルギーやたんぱく質、エネルギー産生を助けるビタミンB1などの栄養素を一品でしっかりとれるので、身体活動量の多い選手におすすめです。

[栄養量1食分]

エネルギー
(kcal)
たんぱく質
(g)
脂質
(g)
炭水化物
(g)
カルシウム
(mg)

(mg)
ビタミンA
(μgRE)
ビタミンB1
(mg)
ビタミンB2
(mg)
ビタミンC
(mg)
食物繊維
(g)
402 22.3 18.3 34.4 31 1.3 163 0.96 0.25 31 2.4

2011年6月作成





ページトップへ