ホーム > スポーツ栄養 > スポーツフード&サプリメント
スポーツフード&サプリメント

サプリメントとは

サプリメントとは、英語のsupplementに由来し、本来「補足、補助する」という意味ですが、行政的な定義はなく、一般的に健康食品や一般食品に含まれます。日頃の食生活ではどうしてもとることのできないエネルギー栄養素を補うことを目的としています。そのため、管理栄養士等、専門家のアドバイスのもとで利用すると良いでしょう。

食品と医薬品の分類

食品と医薬品の分類

人が口から摂取するもののうち、医薬品(医薬部外品を含む)以外のものはすべて食品に該当します。食品に対して医薬品のような身体の構造や機能に影響する表示をすることが原則として認められていませんが、国が制度を創設して機能等の表示を許可しているものと、それ以外のものに分類できます。
「特定保健食品(通称トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」については、特定の保健機能や栄養機能を表示することが認められています。これらの3つが保健機能食品に分類されます。国が保健効果や健康効果などの表示を許可していない製品はその他の健康食品(いわゆる健康食品と呼ばれているもの)、一般食品に分類されます。

特定保健用食品(通称トクホ)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可は受けていません。
サプリメントやスポーツフードは食品に分類されます。
サプリメントとは、日常生活ではどうしてもとることのできないエネルギーや栄養素の不足を補うことを目的としているものです。
スポーツフードにはドリンクタイプ、エネルギーゼリー、エネルギーバーなどがあり、用途によって使い分けます。

参考 厚生労働省:健康食品による健康被害の未然防止と拡大防止に向けて


スポーツ選手とサプリメント

近年では運動能力を高めることが期待される成分を含むサプリメントもありますが、その有効性や健康被害などは科学的エビデンスが不明なものが数多くあります。

また、サプリメントには明確な定義がないため、栄養成分表示がないままに禁止物質を含んでいるサプリメントもあります。そのため、スポーツ選手はアンチ・ドーピングの観点からも安易にサプリメントを利用することは避けましょう。


参考 IOC: Consensus Statement on Sports Nutrition 2010
 

 

利用する前に

利用を考えるとき

スポーツフード・サプリメントの種類

  1. ドリンク
  2. ブロック・バー
  3. エネルギーゼリー・ジェル
  4. ビタミン・ミネラル
  5. プロテインパウダー
  6. アミノ酸
  7. 燃焼系サプリメント
  8. 関節系サプリメント

科学的エビデンス

  1. プロテイン
  2. 分岐鎖アミノ酸(BCAA)
  3. アルギニン
  4. コンドロイチン
  5. グルコサミン
  6. クエン酸
  7. カロテノイド

アンチ・ドーピング

  1. アンチ・ドーピングとは
  2. ドーピングとして禁止されているものは?
  3. ドーピング防止規則違反をすると
  4. 選手の責任とサプリメントの利用

 

ページトップへ