枝 伸彦(エダ ノブヒコ)

氏名 枝 伸彦 専門分野 スポーツ医学、運動免疫学、運動生理学
学位 博士 (スポーツ科学) 早稲田大学
社会活動
  • 日本運動免疫学研究会 広報担当 (2013-現在)
  • 日本油化学会 若手の会 委員 (2018-現在)
  • 茨城県つくば市社会福祉協議会 ヨガインストラクター (2010-2018)
  • 早稲田大学重点領域研究機構ヒューマンパフォーマンス研究所 研究所員 (2017-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 競技力向上のためのコンディショニングに関する研究・支援
  • JISSにおける体力測定 (フィットネスチェック) に関わる業務
  • ハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project事務局 (アスリートのセルフコンディショニングに関するガイドラインの策定)
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Nobuhiko Eda, Hironaga Ito, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Eunjae Lee, Takao Akama. Yoga stretching for improving salivary immune function and mental stress in middle-aged and older adults. Journal of Women & Aging, 30(3): 227-241, 2018.
  • Nobuhiko Eda, Hironaga Ito, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Eunjae Lee, Takao Akama. A study of bacterial growth on the skin surface after a basketball game. Clinical Case Reports and Reviews, 1(11): 279-282, 2015.
  • Nobuhiko Eda, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Yoko Tanabe, Eunjae Lee, Takao Akama. Effects of yoga exercise on salivary beta-defensin 2. European Journal of Applied Physiology, 113(10): 2621-2627, 2013.
  • Nobuhiko Eda, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Yoko Tanabe, Eunjae Lee, Takao Akama. Altered secretory immunoglobulin A on skin surface after intensive exercise. The Journal of Strength & Conditioning Research, 27(9): 2581-2587, 2013.
  • Nobuhiko Eda, Kazuhiro Shimizu, Satomi Suzuki, Eunjae Lee, Takao Akama. Effects of high-intensity endurance exercise on epidermal barriers against microbial invasion. Journal of Sports Science and Medicine, 12(1): 44-51, 2013.

※最近5年(2014~)の件数 10件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 枝伸彦. 健康寿命延伸に寄与する体力医学-中・高年齢者の粘膜免疫・獲得免疫に及ぼす習慣的運動の影響. 医学のあゆみ, 医歯薬出版株式会社, 東京, 印刷中.
  • 枝伸彦, 高尾美穂. リハビリテーションにおけるアプローチの臨床実践-ヨガを用いたアプローチ. 福林徹, 武富修治(編), アスレティック・リハビリテーションガイド第2版, 株式会社文光堂, 東京, 456-461, 2018.  
  • 枝伸彦. 生理的指標(血液検査④免疫の指標). 田口素子(編), アスリートの栄養アセスメント, 第一出版株式会社, 40-41, 2017.
  • 枝伸彦. アスリートヨガ研究の始まり. Yogini Vol.60, エイ出版社, 105, 2017.
  • 枝伸彦, 赤間高雄. 第16章運動と免疫-5)免疫グロブリン. 宮村実晴(編), ニュー運動生理学(Ⅱ), 真興交易株式会社, 399-408, 2015.

※最近5年(2014~)の件数 6件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 枝伸彦. シンポジウム「運動による免疫調節作用」運動による免疫機能低下とその対策. 第14回日本食品免疫学会学術大会, 東京, 2018. 11.
  • 枝伸彦, 田端宏樹, 曽根良太, 福地萌々子, 原熊健国, 赤間高雄. ヨガが高強度運動後の免疫機能および自律神経活動に及ぼす影響. 第29回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 北海道, 2018. 11.
  • 枝伸彦. スポーツ科学における酸化ストレスの評価と応用. 第5回スポーツと酸化ストレス・抗酸化セミナー, 東京, 2018. 9.
  • 枝伸彦, 中村宣博, 曽根良太, 角沙樹, 松本光晴, 赤間高雄. 腸内水素ガス産生乳飲料の摂取が高強度運動後の酸化ストレス応答に及ぼす影響. 第73回日本体力医学会大会, 福井, 2018. 9.
  • 枝伸彦. シンポジウム「スポーツにおけるヨガ・ピラティスの可能性」スポーツにおけるヨガと免疫について. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 東京, 2017. 11.

※最近5年(2014~)の実績 22件
所属学会 日本体力医学会, 日本臨床スポーツ医学会, ヨーロッパスポーツ科学会, 日本運動免疫学研究会
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2018-2021 )

    熱中症予防に役立つ唾液を用いた評価方法の検討 (科研費・基盤研究(C)/研究分担者)
  • 時期( 2017-2019 )

    皮膚の性状を用いたアスリートの脱水評価法の確立 (JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project 領域指定研究/研究代表者)
  • 時期( 2017-2020 )

    アトピー性皮膚炎の症状改善に対する運動効果の検討 (科研費・若手研究(B)/研究代表者)
  • 時期( 2016-2017 )

    コンディション評価方法に関する研究 (スポーツ庁ハイパフォーマンスサポート事業/研究分担者)
  • 時期( 2016-2017 )

    エッセンシャルオイルによる香り刺激が口腔内免疫能に及ぼす影響 (日本アロマ環境協会研究助成/研究代表者)
  • 時期( 2015-2016 )

    コンディション評価方法に関する研究 (文部科学省マルチサポート事業/研究分担者)
  • 時期( 2014-2018 )

    継続性運動トレーニングの実施時間帯による自然免疫増強効果の検討 (科研費・基盤研究(C)/研究分担者)
特許
  • 松本光晴, 角沙樹, 枝伸彦. 高強度運動による疲労軽減・回復用組成物. 特許出願番号:2018-147093. 特許出願中.

ページトップへ