亀井 明子(カメイ アキコ)

氏名 亀井 明子 専門分野 スポーツ栄養学
学位 博士(栄養学) 女子栄養大学
資格 公認スポーツ栄養士、管理栄養士
社会活動
  • 公益社団法人日本栄養士会2020年東京オリ・パラ支援特別チーム事業運営委員会委員(2016~現在)
  • 公益社団法人日本栄養士会2020年東京オリンピック・パラリンピック栄養支援推進委員会委員(2016~現在)
  • 公益財団法人埼玉県体育協会彩の国プラチナキッズ発掘育成事業プログラム作成委員(2014~現在)
  • 公益財団法人日本サッカー協会医学委員会栄養サポート部会副部会長(2017~現在)
  • 公益財団法人日本体操協会体操マルチサポート委員会委員栄養部長(2013-現在)
主な担当業務
  • 国立スポーツ科学センタースポーツ栄養学グループリーダー
  • 機能強化ユニットメンバー
  • 診療事業
  • 支援事業
  • 研究事業
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Emi Kondo, Hiroyuki Sagayama, Yosuke Yamada, Keisuke Shiose, Takuya Osawa, Keiko Motonaga, Shiori Ouchi, Akiko Kamei, Kohei Nakajima, Yasuki Higaki, Hiroaki Tanaka, Hideyuki Takahashi, Koji Okamura. Energy deficit required for rapid weight loss in elite collegiate wrestlers.Nutrients, 10(5):536, 2018.
  • Ishibashi Aya, Maeda Naho, Kamei Akiko, Goto Kazushige. Iron Supplementation during Three Consecutive Days of Endurance Training Augmented Hepcidin Levels. Nutrients, 30(9): E820, 2017.
  • Hiroyuki Sagayama, Emi Kondo, Keisuke Shiose, Yosuke Yamada, Keiko Motonaga, Shiori Ouchi, Akiko Kamei, Takuya Osawa, Kohei Nakajima, Hideyuki Takahashi, Yasuki Higaki, Hiroaki Tanaka. Energy Requirement Assessment and Water Turnover in Japanese College Wrestlers Using the Doubly Labeled Water Method.Journal of Nutritional Science and Vitaminology, 63(2):141-147, 2017.
  • Hideyuki Takahashi, Akiko Kamei, Takuya Osawa, Takashi Kawahara, Osamu Takizawa and Katsuya Maruyama, 13C MRS reveals a small diurnal variation in the glycogen content of human thigh muscle, NMR Biomed.28:650–655,2015.
  • 亀井明子, 川原貴, アスリートの栄養管理―国立スポーツ科学センターの場合, JAPANESE JOURNAL of ELITE SPORTS SUPPORT, 8, 41-52, 2015.

※最近5年(2013~)の件数 15件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 亀井明子,スポーツ・運動 栄養学大辞典 健康生活・医療に役立つ:第7章身体活動の活発な人のための栄養,第8章激しいトレーニングや試合のための栄養学的検討,第9章栄養市場における賢い選択の方法.中屋豊ら(監訳),西村書店,東京,155-187,190-205,208-231,2017
  • 亀井明子,スポーツを楽しむための栄養・食事計画 理論と実践:アスリートの身体(求められる体型).川野因ら(編),光生館,東京,21-28,2016
  • 亀井明子,ジュニアアスリートをサポートするスポーツ医科学ガイドブック:ジュニアアスリートの栄養サポート.金岡恒治ら(編),メディカルビュー社,東京,80-91,2015
  • 亀井明子,スポーツ現場に活かす運動生理・生化学:スポーツ選手の貧血と生化学的指標.樋口満(編),市村出版,東京,132-142,2011
  • 亀井明子,新版コンディショニングのスポーツ栄養学:貧血予防とテツ・たんぱく質摂取.樋口満(編),市村出版,東京,84-95,2008

※最近5年(2013~)の件数 4件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 亀井明子,ジュニアスポーツ選手の食事について考えるーJISSの調査・研究よりー.第73回日本体力医学会大会,福井,2018.9.
  • 亀井明子,リオ2016オリンピック日本代表選手の血中の鉄関連指標に関する検討.第65回日本栄養改善学会学術総会,新潟,2018.9.
  • 亀井明子,女性トップアスリートの栄養上の課題ーJISSの調査・研究よりー.WASEDA×JISS栄養ジョイントシンポジウム,東京,2017.12.
  • 亀井明子,リオオリンピック大会の栄養サポート.日本スポーツ栄養学会第4回大会,東京,2017.8.
  • 亀井明子,第1報トップアスリートの牛乳・乳製品の摂取状況.平成29年度「乳の学術連合」研究報告会,東京,2017.8

※最近5年(2013~)の実績 63件
所属学会 日本スポーツ栄養学会(理事)、日本栄養改善学会(評議員)、日本栄養・食糧学会(参与)、日本体力医学会、日本臨床スポーツ医学会、日本給食経営管理学会
受賞
  • 元永恵子, 袴田智子, 近藤衣美, 吉野昌恵, 亀井明子, 清水和弘, 清水潤, 大石益代, 鈴木章, 山田陽介, 半谷美夏, 石毛勇介. 大塚スポーツ医・科学賞 特別賞, 第72回日本体力医学会大会, 二重標識水法による脊髄損傷アスリートの総エネルギー消費量の検討, 2017. 9.
  • 公益財団法人日本体育協会, 平成22年度秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞受賞(スポーツ栄養士グループ)
  • 第50回日本栄養改善学会奨励賞,2003,9.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2016 )

    トップアスリートの牛乳・乳製品摂取状況と健康状態との関係,一般社団法人Jミルク(研究代表者)
  • 時期( 2017 )

    平昌冬季オリンピック選手を対象としたトップアスリートの牛乳・乳製品摂取状況と自覚症状を中心とした健康状態との関連,一般社団法人Jミルク(研究代表者)

ページトップへ