大岩 奈青(オオイワ ナオ)

氏名 大岩 奈青 専門分野 運動生化学
学位 博士 (体育科学) 筑波大学
資格 中学校・高等学校教諭免許1種(保健体育)
社会活動
  • 日本カヌー連盟カヌースラローム強化スタッフ(2009-2016)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 生化学的手法を用いたトレーニングモニタリング・コンディション評価方法の検討
  • LEGACY2020プロジェクト統括
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Kon M, Ohiwa N, Honda A, Matsubayashi T, Ikeda T, Akimoto T, Suzuki Y, Hirano Y, Russell AP. Effects of systemic hypoxia on human muscular adaptations to resistance exercise training.Physiol Rep.6;2(6), 2014
  • Neya M, Enoki T, Ohiwa N, Kawahara T, Gore CJ. Increased hemoglobin mass and VO2max with 10 h nightly simulated altitude at 3000 m. Int J Sports Physiol Perform. 8(4):366-72, 2013
  • Mikami E, Fuku N, Takahashi H, Ohiwa N, Pitsiladis YP, Higuchi M, Kawahara T, Tanaka M. Polymorphisms in the control region of mitochondrial DNA associated with elite Japanese athlete status. Scand J Med Sci Sports.23(5):593-9, 2013
  • N Ohiwa, Chang H, Saito T, Onaka T, Fujikawa T, Soya H: Possible inhibitory role of prolactin-releasing peptide for ACTH release associated with running stress. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol.292(1):R497-504, 2007
  • N Ohiwa, Saito T, Hyukki C, Nakamura T, Soya H : Differential responsiveness of c-Fos expression in the rat medulla oblongata to different treadmill running speeds, Neuroscience research, Neurosci Res. 54(2):124-32,2006

※最近5年(2014~)の件数 5件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 征矢英昭, 大岩奈青 ; アロスタシスからみた運動ストレスと内分泌反応,竹宮隆, 下光輝一(編),運動とストレス科学,杏林書院, 東京, 2003

※最近5年(2014~)の件数 1件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Nao Ohiwa,Taisuke Enoki, Toru Okuwaki, Akiko Honda, Hideyuki Takahashi, Motohiko Tanino,Yasuhiro Suzuki, Takashi Kawahara. Genome-wide approach for identifying gene expression profile in hypoxic training. Asian Conference on Sports Sciences,Seoul,Korea, 2010.11.
  • 大岩奈青. パフォーマンスに関わる遺伝子多型の探索~JISSでの試み~ 日本体育学会東京支部研究会, 東京, 2008.10.

※最近5年(2014~)の実績 0件
所属学会 日本体力医学会、日本体育学会、日本トレーニング科学会、日本臨床スポーツ医学会
受賞
  • 高橋英幸, 大岩奈青. スポーツ医・科学によるコーチング支援の現状と課題:フィットネス面からの把握②コンディションチェック 日本コーチング学会(編), コーチング学への招待, 大修館書店, 東京, 2017.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2006-2009  )

    高所トレーニング効果の個人差を予測する生理指標の開発~ストレス反応に着目して~(科研費・若手研究(B)/研究代表者)
  • 時期( 2013-2016  )

    唾液コルチゾールを用いた新たなコンディション評価法の確立(科研費・若手研究(B)/研究代表者)
  • 時期( 2015-2016 )

    生化学的指標を用いたコンディション評価の試み~リオ五輪カヌースラローム競技でのメダル獲得を目指して~(YMFSスポーツチャレンジ助成事業/研究代表者)

ページトップへ