山下 修平(ヤマシタ シュウヘイ)

氏名 山下修平 専門分野 ハイパフォーマンススポーツマネジメント
学位 体育学修士(筑波大学)
資格 中学校専修教員免許(保健体育)、高等学校専修教員免許(保健体育)
HPSCで
担当する
主な業務
  • ハイパフォーマンス戦略部戦略課 課長補佐
  • 次世代ターゲットスポーツの育成支援 マネージャー
  • 有望アスリートの海外強化支援 マネージャー
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • S.Yamashita, K.Iwai, T.Akimoto, J.Sugawara, I.Kono. Effects of music during exercise on RPE and the autonomic nervous system., Journal of Sports Medicine and Physical Fitness, 46(3), 425-430, 2006
  • 山下修平. タレント発掘・育成事業の今日的趨勢., トレーニング科学, 22(3), 155-158, 2010
  • 山下修平. 思春期のスポーツをより意義深いものへとする大人の役割と心構え.,思春期学, 25(1), 114-118, 2007

※最近5年(2014~)の件数 0件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 山下修平. ハイパフォーマンススポーツにおける今日的なコーチング. リファレンスブック, 355-363, 公益財団法人日本スポーツ協会, 2019
  • 山下修平. 女性エリートコーチ育成ハンドブック 2019. 独立行政法人日本スポーツ振興センター, 2019
  • 山下修平. ハイパフォーマンススポーツにおける女性の戦略的強化 女性が伸ばす競技力、女性だから出来ること. 独立行政法人日本スポーツ振興センター, 2018
  • 山下修平. 情報戦略サポート, 競技マネジメントサポート. 日本コーチング学会, コーチング学への招待, 357-362, 大修館書店, 2017
  • 山下修平. 競技力向上と情報・メディア・コミュニケーション. スポーツ白書編集員, スポーツ白書〜スポーツが目指すべき未来〜, 笹川スポーツ財団, 東京, 152-156, 2011

※最近5年(2014~)の件数 4件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 山下修平. 地域におけるタレント発掘・育成事業 〜地域から世界へのパスウェイ〜.臨床スポーツ医学会学術集会(シンポジウム⑦:ジュニア競技者の育成を考える).東京, 2014.11
  • Shuhei Yamashita, The Competencies Required to the Next Generation Leaders in Paralympic Sports: Comparison with Olympic Sports, Disability Sport: Changing lives, changing perceptions? Coventry, United Kingdam, 2014.9
  • Shuhei Yamashita. Athlete development pathway in Japanese elite sports: Approach of Athlete Pathway Development Project by the Japan Sport Council. 2014 World LTAD Symposium. Gatineau. 2014.1.
  • 山下修平. スポーツを通じて山口県から世界に繋がる道筋. スポーツ庁・山口県教育委員会主催 平成27年度運動部活動指導者サミット. 山口, 2015.11
  • Shuhei Yamashita. The possibility of talent identification in the footballers and talent transfer from the footballers. 7th World Congress on Science & Football. Nagoya. 2011.5.

※最近5年(2014~)の実績 4件
所属学会 日本体育学会
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2011-2013 )

    世界におけるスポーツの政策に関する研究.(科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)/研究分担者)
  • 時期( 2008 )

    競技スポーツ経験に起因するスポーツにおける「敗北」に関する価値意識についての研究.(科学研究費補助金(奨励研究)/研究代表者)
  • 時期( 2005 )

    体育授業におけるウォーミングアップに適切な運動強度の検討.(科学研究費補助金(奨励研究)/研究代表者)

ページトップへ