野口 順子(ノグチ ヨリコ)

氏名 野口 順子 専門分野 国際連携、スポーツ情報戦略
学位 博士(スポーツ心理学)オーストラリア・ビクトリア大学
資格 TOEIC 930点
社会活動
  • アジア太平洋経済協力(APEC)スポーツポリシーネットワークメンバー(2017-現在)
  • 日本ラグビー協会オリンピック・セブンズ委員会(2010-2011)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 機能強化ユニットインテリジェンスグループ国際連携支援チームリーダー
  • スポーツ研究部人文社会科学グループ研究員
  • スポーツ庁委託事業「スポーツキャリアサポート推進戦略」プロジェクトメンバー
  • ハイパフォーマンス戦略部ハイパフォーマンス統括人材の育成支援事業プロジェクトメンバー
  • ハイパフォーマンスセンタートータルコンディショニングリサーチプロジェクト研究分担者
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 野口順子, スポーツコーチングの心理学. 佐藤雅幸(編), わかりやすいスポーツ心理学 改訂版, 文化書房博文社, 実践スポーツ心理研究会, 東京, 37-61, 2018.

※最近5年(2014~)の件数 1 件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Yoriko Noguchi. Policy Dialogue on Nurturing Sports Professionals for Mega and Major Games. APEC Sport Policy Network Workshop, Tokyo, Japan, 2018. 9.
  • 田中ウルヴェ京, 野口順子, 筒井香, 土屋裕睦. 国内外のアスリートキャリア支援に関する情報提供とプログラム体験. 日本スポーツ心理学会第44回大会, 大阪, 2017. 11
  • Yoriko Noguchi.Beyond 2020: Vision for Japanese Sport Career Support System.2nd ASIA Congress, Hong Kong, 2017.4.
  • Yoriko Noguchi.Career Development of Athletes.International Athlete Service Forum, Singapore, 2016. 11.
  • Yoriko Noguchi. Partnership support of career management. FISU Rectors Forum, Umeå, Sweden, 2013. 6.

※最近5年(2014~)の実績 9 件
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期(2017-2021)

    アスリートの行動変容(コーチング) コグニティブレディネスアプローチを用いた日本独自のコーチング手法開発(日本スポーツ振興センター/大塚製薬:JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project/研究分担者)

ページトップへ