安藤 加里菜(アンドウ カリナ)

氏名 安藤 加里菜 専門分野 スポーツ生理学/時間運動学
学位 博士(スポーツ科学) 早稲田大学
資格 スポーツリーダー, 健康運動指導士
社会活動
  • Journal of Sports Sciences レビュアー(2016-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 競技力向上のためのコンディショニングに関する研究・支援
  • 主要研究(昼寝とパフォーマンス)/ 科研費研究(生体リズムとパフォーマンス)
  • 主要研究(睡眠)プロジェクト
  • JISSにおける体力測定(フィットネスチェック)に関わる業務
  • 次世代ターゲット(新体操)に関する医・科学的支援
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Kim Hyeon-Ki, Karina Ando, Hiroki Tabata, Masayuki Konishi, Masaki Takahashi, Mio Nishimaki, Mi Xiang, Shizuo Sakamoto, “Effects of different intensities of endurance exercise in morning and evening on the lipid metabolism response", International Journal of Sports Medicine 15: pp467-476, 2016
  • Konishi M, Kawano H, Xiang M, Kim H-K, Ando K, Tabata T, Nishimaki M, Sakamoto S, “Diurnal variation in the diving bradycardia response in young men”, Clinical Autonomic Research 26 (2): pp135-140, 2016
  • Mi Xiang, Masayuki Konishi, Mio Nishimaki, Karina Ando, Hyeon-Ki Kim, Hiroki Tabata, Shizuo Sakamoto, Reliability and validity of a Chinese-translated version of a pregnancy physical activity, Maternal and Child Health Journal 20(9): pp1940-7, 2016
  • Toshio Shimizu, Hiroki Tabata, Hyeon-Ki Kim, Mio Nishimaki, Karina Ando, Masayuki Konishi, Shizuo Sakamoto, “Effects of Moderate-intensity Endurance Exercise on Biochemical Markers and Periodontal Pathogenic Bacteria in Saliva”, Journal of Sports Dentistry 20(1): pp1-6, 2016
  • Karina Ando, Masayuki Konishi, Shigenobu Shibata , Shizuo Sakamoto, “Effects of morning and evening wheel-running on controlling body weight of mice on a high fat diet”, Japanese Society of Clinical Physiology 44(3): pp149-155, 2014

※最近5年(2014~)の件数 5件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 安藤加里菜,下山寛之,高橋将記,柴田重信,星川雅子,高橋英幸. 午前中の高強度運動後の昼寝が午後のパフォーマンスに及ぼす影響.第73回日本体力医学会.福井.
  • Karina Ando, Hiroyuki Sagayama, Masaki Takahashi, Shigenobu Shibata, Hideyuki Takahashi.Relationship between clock gene expression, MEQ score, and exercise performance.ACSM's 65 th Annual Meeting, Mineapolis, USA.
  • Karina Ando, Hiroyuki Sagayama, Masako Hoshikawa, Masaki Takahashi, Shigenobu Shibata, Hideyuki Takahashi.The effects of exercise and napping on overnight sleep. SLTBR 30 th Annual Meeting, Groningen, The Netherlands.
  • 安藤 加里菜.生体リズムとパフォーマンス.スポーツサイエンス研究会.埼玉
  • 安藤 加里菜, 高橋 将記, 柴田 重信, 高橋 英幸. 時計遺伝子を用いた生体リズムの評価と運動パフォーマンスとの関係.第72回日本体力医学会.愛媛.

※最近5年(2014~)の実績 16件
所属学会 日本体力医学会、日本臨床スポーツ医学会
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2017-2020 )

    アスリートの時計遺伝子発現リズムの違いが運動・認知パフォーマンスに及ぼす影響(若手研究(B)/研究代表者)
その他
  • Loughborough University, Prof. David Stensel Lab. (2015-2016) 短期研究留学

ページトップへ