久保田 潤(クボタ ジュン)

氏名 久保田 潤 専門分野 スポーツ情報戦略、コーチング
学位 博士 (人間科学) 早稲田大学
資格 日本トレーニング指導者協会認定上級トレーニング指導者(JATI-AATI)
社会活動
  • JOC情報・医・科学専門部会情報・科学部門員(2011-現在)
  • 日本陸上競技連盟科学委員会委員(2013-現在)
  • 日本陸上競技連盟強化委員会強化・情報戦略部委員(2017-現在)
  • 鹿屋体育大学「大学教育再生加速プログラム」外部評価委員会委員(2017-現在)
  • 岐阜県飛騨御嶽高原高地トレーニングエリア医・科学サポートプロジェクト委員(2018-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 諸外国における国際競技力向上に関する政策・施策に関する研究
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Ayako Higashihara, Takashi Ono, Jun Kubota, Toru Okuywaki, Toru Fukubayashi. Functional differences in the activity of the hamstring muscles with increasing running speed. Journal of Sports Sciences. 28(10):1085-92. 2010.
  • Ayako Higashihara, Takashi Ono, Jun Kubota, Toru Fukubayashi. Differences in the electromyographic activity of the hamstring muscles during maximal eccentric knee flexion. European Journal of Applied Physiology.108(2):355-62. 2010.
  • Jun Kubota, Fuminari Kaneko, Mariko Shimada, Suguru Torii, Toru Fukubayashi. Effect of joint position on the electromyographic activity of the semitendinosus muscle. Electromyography and clinical neurophysiology. 49(4):149-54. 2009.
  • Jun Kubota, Takashi Ono,Megumi Araki, Noriyuki Tawara, Suguru Torii, Toru Okuwaki, Toru Fukubayashi. Relationship between the MRI and EMG Measurements. International Journal of Sports Medicine. 30(7):533-7. 2009.
  • Jun Kubota, Takashi Ono, Megumi Araki, Suduru Torii, Toru Okuwaki, Toru Fukubayashi. Non-uniform changes in magnetic resonance measurements of the semitendinosus muscle following intensive eccentric exercise. European Journal of Applied Physiology. 101(6):713-20. 2008.

※最近5年(2014~)の件数 0 件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 桶谷敏之・久保田潤・菅井達哉. JSCスポーツ・インテグリティ・ユニットの取り組みとスポーツ・インテグリティ保護に向けた国際的な趨勢について. 笹川スポーツ財団 (編), スポーツ白書 2017〜スポーツによるソーシャルイノベーション〜, 13-17, 2017.

※最近5年(2014~)の件数 1件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 阿部篤志, 久保田潤, 中村宏美, 本間恵子, 菅井達哉. 地域スポーツ団体におけるスポーツ・インテグリティ保護に関する予防的モニタリングシステムの開発.日本体育学会第69回大会. 徳島. 2018. 8.
  •  Jun Kubota. National Platforms: inception, successes and challenges. FOLLOW-UP MEETING OF THE FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE OF MINISTERS AND SENIOR OFFICIALS RESPONSIBLE FOR PHYSICAL EDUCATION AND SPORT (MINEPS V) INTERNATIONAL EXPERTS MEETING ON THE FIGHT AGAINST THE MANIPULATION ON SPORTS COMPETITIONS. Doha, Qatar. 2015. 9.
  • 東海林和哉, 白井克佳, 高橋良輔, 久保田潤, 阿部篤志, 久木留毅, 和久貴洋. ソチオリンピックに向けたロシアの競技力向上施策に関する研究 : 国際競技力向上のフレームを用いた分析. 日本体育学会第65回大会. 岩手. 2014. 8.
  • 高橋良輔, 白井克佳, 東海林和哉, 久保田潤, 阿部篤志, 和久貴洋. 各国の国際競技力推定のための"メダルポテンシャルアスリート"の有用性:ロンドン・ソチオリンピック大会の事例より. 日本体育学会第65回大会. 岩手. 2014. 8.
  • 久保田潤. 我が国のトップスポーツにおける生体リズムコンディショニングの現状. 第65回日本体力医学会ワークショップ1:生体リズムとスポーツパフォーマンス-基礎研究から現場へ.千葉. 2010. 9.

※最近5年(2014~)の実績 4件
所属学会 日本体育学会

ページトップへ