衣笠 泰介(キヌガサ タイスケ)

氏名 衣笠 泰介 専門分野 スポーツ生理学、パスウェイ科学
学位 PhD (運動生理学) The University of Queensland
資格 中学・高等学校教諭専修免許(保健体育科)
社会活動
  • (公財)日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度検討プロジェクト委員(2018-現在)
  • (公財)日本テニス協会強化情報・科学委員会委員(2015-現在)
  • 編集委員, Journal of Athletic Enhancement (2014-現在)
  • (公財)日本オリンピック委員会(JOC)情報・医・科学専門部会情報・科学サポート部門部門員(2013-現在)
  • 国際編集委員, Sport Scientific & Practical Aspects(2010-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • ハイパフォーマンス戦略部開発課主任専門職(パスウェイ科学)
  • スポーツ研究部先任研究員
  • 機能強化ユニットアスリート・データグループ
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • 衣笠泰介,藤原昌,和久貴洋,Jason Gulbin.我が国におけるタレント発掘・育成及び育成パスウェイに関する取組の変遷.Sports Science in Elite Athlete Support, 3: 15-26, 2018.
  • Craig B Harrison, Nicholas D Gill, Taisuke Kinugasa, and Andrew E Kilding. Development of aerobic fitness in young team sport athletes. Sports Medicine, 45: 969-983, 2015.
  • Taisuke Kinugasa. Single-subject research designs and data analyses for assessing elite athletes’ conditioning: an update. Journal of Applied Sport Psychology, 25: 157-166, 2013. 
  • Taisuke Kinugasa, Ester Cerin, and Sue Hooper . Single-subject research designs and data analyses for assessing elite athletes’ conditioning. Sports Medicine, 34: 1035-1050, 2004.
  • Craig B Harrison, Nicholas D Gill, Taisuke Kinugasa, and Andrew E Kilding. Development of aerobic fitness in young team sport athletes. Sports Medicine, 45: 969-983, 2015.

※最近5年(2014~)の件数 8件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 衣笠泰介,藤原昌,平松竜司,舩先康平,児島雄三郎,佐野潤一,畑中翔.アスリートデータブック(冬季版)2018.ハイパフォーマンススポーツシリーズ.(株)クライマーズ,東京,2018.
  • 衣笠泰介,藤原昌,平松竜司,舩先康平,児島雄三郎,佐野潤一,畑中翔.アスリートデータブック(夏季版)2018.ハイパフォーマンススポーツシリーズ.(株)クライマーズ,東京,2018.
  • 衣笠泰介,藤原昌,舩先康平,平松竜司,児島雄三郎,畑中翔.タレント発掘マネジャーによるタレント発掘・育成プログラム計画立案のためのガイドブック.第一版.(株)スケール,東京,2018.
  • 衣笠泰介,河合季信.2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリートの育成・強化の展望.進化する運動科学の研究最前線.第3編オリンピックに向けて 第二章,(株)エヌ・ティー・エス,東京,2014,399-406.

※最近5年(2014~)の件数 4件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Taisuke Kinugasa. Integrated national talent identification and development program for Olympic and Paralympic athletes in Japan, Beijing, China, 2018.10.
  • Taisuke Kinugasa. Athlete pathway development project: The Japanese way, Asian Conference on Sport Science 2017, Tokyo, Japan, 2017. 11.
  • Taisuke Kinugasa. Invited symposium on talent identification and development (TID) program for Paralympic sports, VISTA 2017 Scientific Conference, Toronto, Canada, 2017.9.
  • Taisuke Kinugasa. Targeting Tokyo 2020 and beyond: the Japanese TID model. ASPIRE International Congress on Talent Identification, Doha, Qatar, 2014.4.
  • 衣笠泰介. 我が国のタレント発掘・育成事業から考える育成パスウェイの在り方.日本体育学会第68回大会,静岡,2017.9.

※最近5年(2014~)の実績 27件
所属学会 日本体力医学会、日本武道学会
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2016-2020 )

    タレント追跡調査:勝ち続けるためのアスリートの発掘・育成システムとは(日本スポーツ振興センター/大塚製薬:JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project/研究代表者)
その他
  • シンガポールスポーツスクール及びシンガポールスポーツインスティテュートで8年間勤務
  • シンガポール競泳代表チーム生理学者(2008-2012)

ページトップへ