髙木 斗希夫(タカギ トキオ)

氏名 髙木 斗希夫 専門分野 スポーツバイオメカニクス
学位 博士(体育科学)筑波大学
社会活動
  • 日本ゴルフ協会強化スタッフ(医科学サポート)
HPSCで
担当する
主な業務
  • ゴルフスイングにおけるパフォーマンス評価と分析
  • ゴルフおよびライフル種目担当(体力測定の実施等)
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Tokio Takagi, Munenori Murata, Toshiharu Yokozawa, Hitoshi Shiraki. Dynamics of pelvis rotation about its longitudinal axis during the golf swing. Sports Biomechanics, 2019. doi:10.1080/14763141.2019.1585472
  • Kozo Naito, Tokio Takagi, Hideaki Kubota, Takeo Maruyama. The effect of multiple segment interaction dynamics on elbow valgus load during baseball pitching. Journal of Sports Engineering and Technology, 232(4), 285-294, 2018.
  • Tokio Takagi, Toshiharu Yokozawa, Yuki Inaba, Yuji Matsuda, Hitoshi Shiraki. Relationships between clubshaft motions and clubface orientation during the golf swing. Sports Biomechanics, 16(3), 387-398, 2017.
  • Kozo Naito, Tokio Takagi, Hideaki Kubota, Takeo Maruyama. Multi-body dynamic coupling mechanism for generating throwing arm velocity during baseball pitching. Human Movement Science, 54, 363-376, 2017.
  • 高木斗希夫,藤井範久,小池関也,阿江通良.異なる投球速度に対する野球の打撃動作に関する下肢および体幹部のキネティクス的研究.バイオメカニズム学会誌,34(3),216-224,2010.

※最近5年(2014~)の件数 5件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Tokio Takagi. Joint motions affecting the energy transfer to the club during the golf swing. The 36th Conference of International Society of Biomechanics in Sports (ISBS2018), Auckland, Newzealand, 2018.9.
  • Tokio Takagi, Munenori Murata, Toshiharu Yokozawa. Kinetic mechanisms of the pelvis rotation about its longitudinal axis during the golf swing. The 35th Conference of International Society of Biomechanics in Sports (ISBS2017), Coloneg, Germany, 2017.6.
  • 高木斗希夫.バイオメカニクス的観点からみた傷害の評価と分析―膝関節を中心に―.東京柔専同窓会研究会,2017.10.
  • 高木斗希夫,秋山圭,稲葉優希.ゴルフにおけるクラブフェース面の制御とクラブヘッドスピードに影響を及ぼす運動学的・動力学的要因(筆頭)/日本トップゴルフ選手の体力的特徴(共同)/ゴルフ選手における体幹回旋筋力と体幹筋横断面積の関係(共同).第29回日本ゴルフ学会.神戸,2016.8.
  • Tokio Takagi. Dynamic determinants of the upper torso angular velocity in golf swing. The 34th Conference of International Society of Biomechanics in Sports (ISBS2016), Tsukuba, Japan, 2016.7.

※最近5年(2014~)の実績 14件
所属学会 International Society of Biomechanics in Sports (ISBS), 日本バイオメカニクス学会,日本体育学会
受賞
  • 高木斗希夫. 2010年度バイオメカニズム学会 奨励賞, 異なる投球速度に対する野球の打撃動作に関するキネマティクス的研究,無作為投球速度変化状況での野球の打撃動作に関するキネマティクス的研究. 2010. 11.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2017-2018 )

    ゴルフスイングにおける全身の力学的エネルギーフロー(科研費・若手研究(B)/研究代表者)
  • 時期( 2013-2014 )

    野球における速度・コース・軌道の異なるボールに対する打撃動作の調整とバットの制御(科研費・若手研究(B)/研究代表者)

ページトップへ