内藤 貴司(ナイトウ タカシ)

氏名 内藤 貴司 専門分野 運動生理学、環境生理学、障害者スポーツ
学位 博士(人間環境学)九州大学
資格 保健体育科教員免許、第一種労働衛生管理者
社会活動
  • East Asia Sport and Exercise Science Society実行委員 (2016)
  • 日本テニス協会強化本部強化情報・科学委員会委員(2019-現在)
  • 日本オリンピック委員会強化スタッフ(情報・戦略スタッフ)(2019-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 東京特別プロジェクト(暑熱対策に関する研究)プロジェクトメンバー
  • 自転車競技種目担当
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Takashi Naito, Hiroyuki Sagayama, Nobuhiko Akazawa, Miki Haramura, Masahiro Tasaki, Hideyuki Takahashi. Ice slurry ingestion during break times attenuates the increase of core temperature in a simulation of physical demand of match-play tennis in the heat. Temperature, 5(4): 371-379, 2018.
  • 内藤貴司,林聡太郎.脊髄損傷者の体温上昇抑制に有効な身体冷却法の検討.体育学研究,63(1): 1-11, 2018.
  • Takashi Naito, Tetsuro Ogaki. Comparison of the effects of cold water and ice ingestion on endurance cycling capacity in the heat. Journal of Sport and Health Science, 6: 111-117, 2017.
  • Takashi Naito, Yuka Iribe, Tetsuro Ogaki. Ice ingestion with a long rest interval increases the endurance cycling capacity and reduces the core temperature in the heat. Journal of Physiological Anthropology, 36: 9, 2017.
  • Takashi Naito, Tetsuro Ogaki. Pre-cooling with intermittent ice ingestion lowers the core temperature in a hot environment as compared with the ingestion of a single bolus. Journal of Thermal Biology, 59(1): 13-17, 2016.

※最近5年(2014~)の件数 11件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 内藤貴司. 効果的な水分摂取のあり方.中央大学保健体育研究所編, 保健理論・体育理論「〜健康・スポーツ50講〜」, 惠友印刷株式会社, 158-159.
  • 内藤貴司. 応用的トレーニング.中央大学保健体育研究所編, 保健理論・体育理論「〜健康・スポーツ50講〜」, 惠友印刷株式会社, 221-226.

※最近5年(2014~)の件数 2件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 内藤貴司,下山寛之,赤澤暢彦,原村未来,田崎雅大,高橋英幸. テニスを想定した運動の休息時におけるアイススラリー摂取は深部体温の上昇を抑制する. 第32回運動と体温の研究会, 福井, 2018.9.
  • Takashi Naito. Effective ice ingestion timing aimed to prevent hyperthermia during exercise in the heat.The 23rd annual conference of the East Asia Sport and Exercise Science Society Keynote Speech, Fukuoka, 2018. 8.
  • Takashi Naito, Daisuke Nakamura, Hideyuki Takahashi. Practical cooling strategy for athletes aimed to high performance in JISS. ARIHHP Human High Performance International Forum 2018, Ibaraki, 2018. 3.
  • Takashi Naito, Tetsuro Ogaki. Ice ingestion with a long rest interval increases the exhaustion time and reduces the core temperature in the heat.The 22nd Annual Congress East Asia Sport Exercise Science Society 2017, Jeju, Korea. 2017. 8.
  • 内藤貴司,入部祐郁,大柿哲朗.暑熱環境下における深部体温に及ぼす氷飲料摂取間隔差の影響. 第24回日本運動生理学会, 熊本, 2016. 7.

※最近5年(2014~)の実績 17件
所属学会 日本体育学会、日本運動生理学会、九州体育・スポーツ学会、ヨーロッパスポーツ科学会
受賞
  • 内藤貴司,下山寛之,赤澤暢彦,原村未来,田崎雅大,高橋英幸.奨励賞,第32回運動と体温の研究会,テニスを想定した運動の休息時におけるアイススラリー摂取は深部体温の上昇を抑制する,2018.9.
  • 内藤貴司.2014年九州大学大学院人間環境学府長賞奨励賞,暑熱環境下における持久的パフォーマンスに及ぼすCrushed ice摂取の影響.2014.3.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2019- )

    輻射熱に関する研究(科研費・若手研究/研究代表者)
  • 時期( 2018 )

    暑熱順化のトレーニングに関する研究(公益財団法人ミズノスポーツ振興財団研究助成/研究代表者)

ページトップへ