赤澤 暢彦(アカザワ ノブヒコ)

氏名 赤澤 暢彦 専門分野 スポーツ医学、運動生理学
学位 博士(スポーツ医学)、筑波大学
資格 中学校教諭専修免許保健体育、高等学校教諭専修免許保健体育
HPSCで
担当する
主な業務
  • アスリートの遺伝子に関する研究
  • アスリートのコンディショニングに関する研究
  • スポーツパフォーマンスに関する脳活動の研究
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Hamasaki A, Akazawa N, Toru Yoshikawa, Kanae Myoenzono, Koichiro Tanahashi, Yuriko Sawano, Yoshio Nakata, Seiji Maeda. Coombined effects of lactotripeptide and aerobic exercise on cognitive function and cerebral oxygenation in middle-aged and older adults. Am J Clin Nutr (in press)
  • Igarashi Y, Akazawa N, Maeda S. Effects of aerobic exercise alone on lipids in healthy East Asians: A systematic review and meta-analysis. J Atheros Thromb (in press)
  • Akazawa N, Hamasaki A, Tanahashi K, Kosaki K, Yoshikawa T, Myoenzono K, Maeda S. Lactotripeptide ingestion increases middle cerebral blood flow velocity in middle-aged and older adults. Nutr Res (in press)
  • Akazawa N, Tanahashi K, Kosaki K, Ra SG, Matsubara T, Choi Y, Zempo-Miyaki A, Maeda S. Aerobic exercise training enhances cerebrovascular pulsatility response to acute aerobic exercise in older adults. Physiol Rep 6(8):e13681 2018
  • Misu H , Takayama H,Saito Y, Mita Y, Kikuchi A, Ishii K, Chikamoto K, Kanamori T, Tajima N, Lan F, Takeshita Y, Honda M, Tanaka M, Kato S, Matsuyama N, Yoshioka Y, Iwayama K, Tokuyama K, Akazawa N, Maeda S, Takekoshi K, Matsugo S, Noguchi N, Kaneko S, Takamura T. Deficiency of the hepatokine selenoprotein P increases responsiveness to exercise in mice through upregulation of ROS and AMPK in muscle. Nat Med 23(4):508-516 2017

※最近5年(2014~)の件数 36 件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 赤澤暢彦,前田清司.高血圧症.田中喜代次.メディカルフィットネスQ&A.社会保険研究所.東京,98-103,2014

※最近5年(2014~)の件数 1 件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 赤澤暢彦,棚橋嵩一郎、小﨑恵生、熊谷仁,及川哲志,濱崎愛,前田清司.中高齢者にける有酸素性運動能力が動脈スティフネスおよび副腎ホルモンに及ぼす影響.第73回日本体力医学会,福井,2018.9
  • 赤澤暢彦,斎藤陽向,谷川聡,前田清司.高強度運動によるウォームアップがジャンプ能力と無酸素性パワーに及ぼす影響.第72回日本体力医学会,愛媛,2017.9
  • 赤澤暢彦,熊谷仁,棚橋嵩一郎,小崎恵生,濱崎愛,吉川徹,妙圓園香苗,羅成圭,田川要,松原朋子,崔英珠,前田清司. 中高齢者における有酸素性運動能力が脳血流拍動性に及ぼす影響. 第5回NSCA国際カンファレンス,千葉,2017.2
  • 赤澤暢彦, 前田清司. 女性アスリートにおける睡眠の質が代謝産物に及ぼす影響. 第66回日本体育学会, 東京, 2015.8
  • Akazawa N, Kumagai H, Nakamura Y, Myoenzono K, Choi Y, Maeda C. Effect of sleep quality on cognitive function during exercise in athletes. 20th Annual Congress of the European College of Sport Science, Malmo, Sweden, 2015.6

※最近5年(2014~)の実績 70 件
所属学会 日本体力医学会、日本体育学会、日本運動整理学会、NSCAジャパン
受賞
  • 平成24年度日本体育学会茨城支部若手研究発表奨励賞
  • 筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学専攻長賞
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2018- )

    アスリートの運動時における脳内神経基盤ネットワークの解明(科研費・若手/研究代表者)
  • 時期( 2016-2017 )

    運動が認知機能を改善させる生理学的機序の解明(科研費・若手B/研究代表者)
  • 時期( 2013 )

    睡眠が運動中の認知機能と脳血流動態に及ぼす影響(科研費・研究活動スタート支援/研究代表者)

ページトップへ