横澤 俊治(ヨコザワ トシハル)

氏名 横澤 俊治 専門分野 スポーツバイオメカニクス
学位 博士 (体育科学) 筑波大学
社会活動
  • 日本スケート連盟スピードスケート科学スタッフ(2007-2013)
  • 学術誌「Journal of high performance sport」編集委員会委員長(2016-現在)
  • 学術誌「体育学研究」編集委員会委員(2019-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • スポーツパフォーマンスの評価およびバイオメカニクス研究手法の精度検証に関する研究
  • スピードスケート競技のバイオメカニクス的研究と支援
  • 氷上種目のサポートとりまとめ
  • バイオメカニクスグループ運営
  • JHPS編集委員長
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • 横澤俊治,中村真理子:ボート競技におけるシングルスカルとダブルスカルのバイオメカニクス的相違に関する事例研究.Journal of High Performance Sport, 6: 1-11,2020.
  • 横澤俊治,加藤恭章,紅楳英信,斉川史徳,熊川大介:ビデオカメラを用いたスピードスケートにおけるストレートとカーブの加減速およびカーブのコースロスの評価.Journal of High Performance Sport, 4: 165-175, 2019.
  • Toshiharu Yokozawa, Daisuke Kumagawa, Hiroshi Arakawa, Yoichi Katsumata, Ryota Akagi. A biomechanical analysis of the relationship between the joint powers during the standing long jump and maximum isokinetic strength of the lower limb joints. International journal of sport and health science, 17: 13-24, 2019.
  • 横澤俊治,清水和弘,袴田智子,三浦智和. ハイパフォーマンス・サポートセンターの概要と拠点設置のポイント.Sports Science in Elite Athlete Support, 3: 93-99, 2018.
  • 横澤俊治, 加藤恭章, 紅楳英信, 熊川大介. スピードスケート国際競技会の中長距離レースにおける滑走軌跡と速度の分析. Sports Science in Elite Athlete Support, 3: 27-38, 2018.

※最近5年(2015~)の件数 14件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 横澤俊治. 動作分析による把握. 日本コーチング学会(編), コーチング学への招待, 大修館書店, 東京, 337-338.

※最近5年(2015~)の件数 1件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 横澤俊治,加藤恭章,紅楳英信,斉川史徳,熊川大介.スピードスケートにおける加減速およびコースロスを評価するためのスピード分析方法の再検討.日本体育学会第70回大会,神奈川,2019.9.
  • 横澤俊治. ランニングエコノミーが優れた選手の走動作の特徴.第31回ランニング学会大会シンポジウム「ランニングパフォーマンスを決定するもの」新潟, 2019. 3.
  • 横澤俊治. 氷上種目のサポートおよび平昌ハイパフォーマンス・サポートセンター.ハイパフォーマンススポーツ・カンファレンス2018シンポジウム「平昌2018大会におけるハイパフォーマンスセンターの医・科学サポート活動」東京, 2018. 10.
  • 横澤俊治. 平昌オリンピックに向けた科学サポート~スピードスケート滑走軌跡計測システムを中心に~. 第73回国民体育大会ドクターズ・ミーティング, 福井, 2018. 9.
  • 横澤俊治, 加藤恭章, 紅楳英信, 熊川大介. スピードスケート長距離種目におけるストレートとカーブの加減速. 第25回日本バイオメカニクス学会大会, 東京, 2018. 9.

※最近5年(2015~)の実績 17件
所属学会 体育学会、日本バイオメカニクス学会、ランニング学会、日本陸上競技学会、日本コーチング学会
受賞
  • 紅楳英信, 熊川大介, 加藤恭章, 皆川唯, 斉川史徳, 横山瑠衣, 横澤俊治, 山辺芳. 第11回ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞奨励賞, 東京, 2019. 4.
  • 紅楳英信, 横澤俊治, 山辺芳, 白﨑啓太, 湯田淳. スピードスケート競技チームパシュートにおける隊列形態の検討. 日本体育学会第66回大会体育方法専門領域優秀賞, 東京, 2015. 8.
  • 横澤俊治, 藤井範久, 阿江通良. 走動作中における股関節内外転筋群の筋張力. 第19回日本バイオメカニクス学会大会奨励賞, 埼玉, 2006. 9.
  • 横澤俊治, 藤井範久, 阿江通良. 走速度増加にともなう下肢筋張力の変化.第16回ランニング学会大会優秀発表賞, 茨城, 2004. 3.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2020-2022  )

    身体運動における座標値および速度に関する最新計測デバイスの精度と適用範囲の検証(科研費・基盤研究(C)/研究代表者)
  • 時期( 2015-2018  )

    筋骨格モデルを用いた一流競技者の多角的動作評価システムの考案(科研費・基盤研究(C)/研究代表者)
  • 時期( 2010-2013  )

    形態および筋力の相違を考慮した動作モデルの構築(科研費・若手研究(B)/研究代表者)

ページトップへ