星川 雅子(ホシカワ マサコ)

氏名 星川雅子 専門分野 スポーツ生理学
学位 博士(体育学) 鹿屋体育大学
資格 睡眠改善インストラクター
HPSCで
担当する
主な業務
  • アスリートの睡眠に関する研究
  • 時差調整に関する支援
  • 基盤研究(コンディショニング)プロジェクト
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Masako Hoshikawa, Michiko Dohi, Mariko Nakamura. Effects of evening partial body cryostimulation on the skin and core temperatures. J Therm Biol, 79: 144-148, 2019.
  • Masako Hoshikawa, Sunao Uchida, Michiko Dohi. Effect of pre-flight circadian phase-shifting approach on sleep variables after 9 time-zone eastward transition: a case report. Sleep and Biological Rhythms, 16:457-461, 2018.
  • Masako Hoshikawa, Sunao Uchida, Yuichi Hirano. A subjective assessment of prevalence and factors associated with poor sleep quality amongst elite Japanese athletes. Sports medicine-Open, 4:10, 2018. DOI: 10.1186/s40798-018-0122-7
  • 星川雅子、内田直、平野裕一. 日本人トップアスリートの海外遠征とコンディショニング.-質問紙調査の結果から-. 日本臨床スポーツ医学会誌, 25(3): 435-444, 2017.
  • 星川雅子. アスリートの睡眠の改善に向けて. 臨床スポーツ医学, 34(11): 1154-1161, 2017.

※最近5年(2014~)の件数 14 件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 星川雅子. アスリートの睡眠管理. 日本スポーツ精神医学会(編), スポーツ精神医学 改訂第2版. 診断と治療社, p.25-31, 2018.
  • 星川雅子. 睡眠. 日本コーチング学会(編), コーチング学への招待. 大修館書店, p345, 2017.

※最近5年(2014~)の件数 2 件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Masako Hoshikawa. Effects of evening partial body cryostimulation on the skin and core temperature in male athletes. 第45回日本低温医学会総会, 千葉, 2018. 8.
  • 星川雅子. アスリートにおける睡眠の実態と今後の展望. 第 17 回コンディショニング科学カンファレンス, 東京, 2018. 7.
  • 星川雅子, 内田直, 土肥美智子. 高照度光とメラトニンアゴニストを用いたアスリートの時差調整-時差12時間のブラジル・リオデジャネイロへの遠征の事例-. 第28回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 東京, 2017. 11.
  • 星川雅子,  内田直, 平野裕一, 土肥美智子. 国立スポーツ科学センターにおける睡眠研究とアスリートへのサポート. 日本睡眠学会第42回定期学術集会,ワークショップ1. 神奈川, 2017. 6.
  • 星川雅子, 内田直, 平野裕一. 日本人トップアスリートの睡眠習慣. 日本睡眠学会第41回定期学術集会, 東京, 2016, 7.

※最近5年(2014~)の実績 12件
所属学会 日本体育学会、日本体力医学会、日本臨床スポーツ医学会、日本睡眠学会、日本トレーニング科学会
受賞
  • 星川雅子, 内田直, 藤田淑香. 日本臨床スポーツ医学会 平成26年度学会賞, 第26回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 日本人トップアスリートを対象とした睡眠習慣に関する質問紙調査, 2015. 11.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2018-2020 )

    アスリートのパフォーマンスを向上させる睡眠についての研究 (科研費・若手)
  • 時期( 2014-2017 )

    アスリートの睡眠の問題の改善に関する研究(科研費・基盤研究(C)/研究代表者)

ページトップへ