松本 実(マツモト ミノル)

氏名 松本 実 専門分野 スポーツ映像処理
学位 修士(体育学)
社会活動
  • 日本体育学会第61回大会 組織委員会 事務局主任
  • 日本体育学会 学会大会運営システム特別委員会 委員(2011年11月-2013年6月)
HPSCで
担当する
主な業務
  • スポーツ映像に関わるコンピュータシステムの研究開発
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Honda A, Matsumoto M, Kato T, Umemura Y: Exercise characteristics influence femoral cross-sectional geometry: a magnetic resonance imaging study in elite female athletes. Osteoporos Int. 26(3),1093-8,2015
  • Kato T, Niwa M, Yamashita T, Matumoto M, Umemura Y: Past sporting activity during growth induces greater bone mineral content and enhances bone geometry in young men and women. J Bone Miner Metab, 33(5),569-76, 2015
  • Mizuno T, Matsumoto M, Umemura Y: Stretching-induced deficit of maximal isometric torque is restored within 10 minutes. J Strength Cond Res. 28(1),147-53,2014
  • Mizuno T, Matsumoto M, Umemura Y: Decrements in stiffness are restored within 10 min. Int J Sports Med. 34(6),484-90,2013
  • Mizuno T, Matsumoto M, Umemura Y: Viscoelasticity of the muscle-tendon unit is returned more rapidly than range of motion after stretching. Scand J Med Sci Sports. 23(1),23-30.2013

※最近5年(2013~)の件数 5 件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 松本 実,森 敏, 北川 薫: ストロボスコープ作成システムの紹介と今後の WEB ブラウザを使用した閲覧システムの改良: 第22回冬季スポーツ科学フォーラム(2011年8月5日)
  • 松本 実,森 敏, 北川 薫: スキージャンプ踏切動作のストロボ画像の即時フィードバックを目的としたソフトウェアの開発, 第19回冬季スポーツ科学フォーラム(2008年7月27日)
  • 「Sport Science Workshop “Biomechanics in sports”」にて「Video Analysis」を担当,Sports Authority of Thailand主催, 2007年9月10-13日,タイ王国バンコク

※最近5年(2013~)の実績 0 件
所属学会 日本体育学会 、日本バイオメカニクス学会、 日本トレーニング科学会
受賞
  • 受賞『松本実, 松林武生, 森敏, 大家利之. 第31回日本トレーニング科学会大会 トレーニング科学研究賞奨励賞,ディープラーニングを活用したスポーツ現場で実用可能な位置情報自動定量化システムの開発.2018』

ページトップへ