石毛 勇介(イシゲ ユウスケ)

氏名 石毛 勇介 専門分野 スポーツバイオメカニクス
学位 教育学修士 東京大学
資格 全日本スキー連盟公認スキー指導員
社会活動
  • JOC情報・科学サポート部門員(2016-現在)
  • JPC運営委員会委員(2017-現在)
HPSCで
担当する
主な業務
  • 国立スポーツ科学センター副センター長
  • 国立スポーツ科学センタースポーツ科学部・部長
  • 機能強化ユニット調整役
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Hiroshi Arakawa, Daisuke Kumagawa, Iwao Fujisaki, Yoshiaki Ozawa, Yusuke Ishige. Development of the rope-climbing ergometer for physical training and testing. Sports Medicine International Open, 1(4): E128-E134, 2017.
  • Shinsuke Yoshioka, Zenya Fujita, Dean C. Hay, Yusuke Ishige. Pose tracking with rate gyroscopes in alpine skiing. Sports Engineering, doi: 10.1007%2Fs12283-017-0261-y, 2017.
  • 石毛勇介. アルペンスキー競技における科学的研究とその応用. 日本ストレングス&コンディショニング協会機関誌, 24(1): 4-10, 2016.
  • Yoshihisa Sakurai, Zenya Fujita, Yusuke Ishige. Automated identification and evaluation of subtechniques in classical-style roller skiing. Journal of Sports Science and Medicine, 13(3): 651-657, 2014.
  • 石毛勇介, 松林武生, 高橋佐江子, 荒川裕志. JISSハイパフォーマンス・ジムにおける取り組み. バイオメカニクス研究, 18(3): 148-156, 2015.

※最近5年(2014~)の件数 5 件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 石毛勇介, 藤田善也. ペース配分を誤ると成績は落ちる:①クロスカントリースキー. 宮下充正(編), 疲労からみた身体運動, 杏林書院, 東京, 152-155, 2017.
  • 石毛勇介. スキー傷害とトレーニング. 公益財団法人全日本スキー連盟(編著), 日本スキー教程, スキージャーナル株式会社, 東京, 197-208, 2014.
  • 石毛勇介. アスリートの体力評価. 公益財団法人日本体育協会指導者育成専門委員会スポーツドクター部会(編), スポーツ医学研修ハンドブック, 文光堂, 東京, 56-61, 2012.
  • 石毛勇介. 滑走動作(転倒)のバイオメカニクス. 宗田大(編), 復帰をめざすスポーツ整形外科, Medical View, 東京, 563-564, 2011.
  • 石毛勇介. スポーツ外傷・障害の診療に役立つ実践スポーツバイオメカニクス. 武藤芳照(編), スポーツ医学実践ナビ, 日本医事新報社, 東京, 304-312, 2009.

※最近5年(2014~)の件数 2 件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 石毛勇介. 「大学におけるハイパフォーマンス事業の現状と今後の在り方」JISSにおけるハイパフォーマンス -これまでとこれから-. 大体大DASHプロジェクトシンポジウム, 大阪, 2017. 5.
  • 石毛勇介. 医科学サポートにおける地域連携を考える. 平成28年度関東地区体育施設研究協議会, 千葉, 2016. 10.
  • 石毛勇介. スキーにおける医科学サポート−科学サポート-. 第6回チームドクター&トレーナーミーティング, 千葉, 2016. 11.
  • 石毛勇介. 国立スポーツ科学センタ-におけトップアスリート支援. 教育研究交流協定締結記念シンポジウム 滋賀, 2017. 2.
  • 石毛勇介. スノースポーツの多様化−日本のスキー指導−. IVSI 2017白馬大会, 長野, 2017. 3.

※最近5年(2014~)の実績 5 件
所属学会 日本体育学会、日本バイオメカニクス学会(理事)、日本トレーニング科学会(理事)、日本臨床スポーツ医学会
受賞
  • 元永恵子, 袴田智子, 近藤衣美, 吉野昌恵, 亀井明子, 清水和弘, 清水潤, 大石益代, 鈴木章, 山田陽介, 半谷美夏, 石毛勇介. 大塚スポーツ医・科学賞 特別賞, 第72回日本体力医学会大会, 二重標識水法による脊髄損傷アスリートの総エネルギー消費量の検討, 2017. 9.
  • 藤田善也, 吉岡伸輔, 桜井義久, 石毛勇介. JJBSE最優秀論文賞, 第24回日本バイオメカニクス学会大会, クロスカントリースキー競技のV2スケーティング走法中の滑走速度とスキー板に対する力の各軸方向成分との関係, 2016. 9.

ページトップへ