尾崎 宏樹(オザキ ヒロキ)

氏名 尾崎 宏樹 専門分野 スポーツバイオメカニクス
学位 博士 (工学) 日本大学
資格 第1種教員免許(保健体育)、フットサルC級コーチ
社会活動
  • JOC医科学情報部門員(2018-)
  • 日本フットボール学会理事(2013-2014)
  • The 10th Congress of Science and Football 実行委員長(2011-2012)
  • 人間工学会人材育成プログラム開発委員会委員(2008)
  • 日本フットボール学会幹事(2005-2013)
主な担当する業務
  • ラケット系競技の統括
  • ハイパフォーマンスセンターネットワークの構築事業のマネージメント
  • NTC拡充棟(仮)見学ツアーの整備
  • 支援事業部会員
  • 所内研修ワーキンググループ
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • 城所収二,稲葉優希,吉田和人,山田耕司,尾崎宏樹.一流卓球競技者の肩と腰の可動性が身体移動を伴う場面におけるフォアハンドトップスピンストロークに与える影響,体育学研究,in press
  • 城所収二,稲葉優希,吉田和人,山田耕司,尾崎宏樹.異なる打撃局面における一流卓球競技者のフォアハンドトップスピンストロークの特徴:初速度の大きな打球を生み出すインパクト,バイオメカニクス研究,22(4),152-166,2019
  • Kawasaki T, Tanabe Y, Tanaka H, Murakami K, Maki N, Ozaki H, Hirayama D, Kunda M, Nobuhara K, Okuwaki T, Kaneko K. Kinematics of Rugby Tackling: A Pilot Study With 3-dimensional Motion Analysis. The American Journal of Sports Medicine, 46 (6): 394-399, 2018
  • "Tomoyuki Matsuo,Tsutomu Jinji, Daisaku Hirayama, Daiki Nasu, Hiroki Ozaki, Daisuke Kumagawa. Middle finger and ball movements around ball release during baseball fastball pitching, Journal of Human Kinetics 17(2): 1-12, 2017"
  • Yuki Inaba, Sho Tamaki, Haruhiko Ikebukuro, Koshi Yamada, Hiroki Ozaki, Kazuto Yoshida. Effect of Changing Table Tennis Ball Material from Celluloid to Plastic on the Post-Collision Ball Trajectory. Journal of Human Kinetics. 55(1):29-38, 2017

※最近5年(2014~)の件数 9件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 尾崎 宏樹. タイ,シンガポールの体育・スポーツ(4)シンガポールのスポーツ政策とSingapore Sports Instituteの役割. 体育の科学, 66(9), 683-686, 2016
  • 尾崎宏樹. 卓球におけるサポート. バイオメカニクス研究, 18(2), 116-121, 2014
  • 尾崎宏樹. 「フットボール」とスポーツバイオメカニクス. フットボールの科学, 5(1), 8-18, 2012
  • 水村(久埜)真由美, 尾崎宏樹, 梅沢淳. 演じる動きの男女差 (特集 パフォーマンスの男女差), バイオメカニクス研究, 13(2), 76-83, 2009

※最近5年(2014~)の件数 5件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Hiroki Ozaki. Developing and maintaining elite athletes' health in Japan High Performance Sport Center. Invited speaker, Seminar "From London to Tokyo ~ the cutting edge research of Sport & Health", Embassy of Japan in London (London, UK), 2019. 2
  • Hiroki Ozaki. The role of sports biomechanics to achieve performance enhancement in high-performance sports. 2ND ASEAN SPORTS MEDICINE CONFERENCE 2018, Invited speaker, Hotel Istana (Kuala Lumpur, Malaysia), 2018. 3
  • Holden King Ho Li, Davy Lim, Hiroki Ozaki. Functional Synthesis of Mechanical Improvement of Wheelchair for Paralympians' Table Tennis Competition. 2nd International Conference in Sports Science & Technology, Nanyang Technological University (Singapore), 2016. 12
  • 稲葉優希, 山田耕司, 吉田和人, 尾崎宏樹. 卓球男子トップ選手のフォアハンドストロークのキネティクス的分析. 日本体育学会第68回大会, 静岡大学(静岡, 日本), 2017. 9.
  • 尾崎宏樹. 卓球におけるプラスティック製ボールがスイング動作に及ぼす影響について. 日本体育学会第66回大会, 国士舘大学(東京, 日本), 2015年8月.

※最近5年(2014~)の実績 19件
所属学会 日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本コーチング学会、日本トレーニング科学会、日本フットボール学会、International Society of Sports Biomechanics
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2016-2017 )

    Impact based table-tennis system for automatic video tagging and performance analytics, (Singapore Sports Science & Technology Research Grant/Dr Andy W.H. Khong, Dr Ozaki H)
  • 時期( 2015-2016  )

    Investigating the swing motion using multi-segment power analysis for athlete skill assessment, (Singapore Sports Science & Technology Research Grant/Dr Ozaki H, Dr Lee M, Hodierne R)
  • 時期( 2013-2014 )

    マルチボディパワーアナリシスによるエネルギーフローを考慮したむち運動の解析. (科学研究費補助金, 若手研究(B)/尾崎宏樹).
その他
  • 2014-2016 Sports Biomechanist (Singapore Sports Insititue)

ページトップへ