稲葉 優希(イナバ ユキ)

氏名 稲葉 優希 専門分野 バイオメカニクス
学位 博士 (学術) 東京大学
社会活動
  • 日本バイオメカニクス学会理事(2015-現在)
  • 東京体育学会理事(2017-現在)
  • 日本体育学会国際交流委員会幹事(2017-現在)
主な担当業務
  • 卓球競技、雪上競技の医科学支援及び研究
  • JISSにおける体力測定(フィットネスチェック)に関わる業務
  • 基盤整備事業に関わる業務(技術・開発)
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Keisuke Fujii, Takeshi Kawasaki, Yuki Inaba, Yoshinobu Kawahara. Prediction and classification in equation-free collective motion dynamics. PLOS Computational Biology. In press. 2018
  • Yuki Inaba, Sho Tamaki, Haruhiko Ikebukuro, Koshi Yamada, Hiroki Ozaki, Kazuto Yoshida. Effect of Changing Table Tennis Ball Material from Celluloid to Plastic on the Post-Collision Ball Trajectory. Journal of Human Kinetics. 55(1):29-38, 2017
  • 稲葉優希,吉田和人. 卓球の競技力向上のための科学サポート. 体育の科学, 67(6): 385-390, 2017
  • 稲葉優希,袴田智子.バスケットボールにおけるサポート.バイオメカニクス研究,18(2): 122-129,2014
  • Yuki Inaba, Shinsuke Yoshioka, Iida Yoshiaki, Dean Hay, Senshi Fukashiro. A Biomechanical Study of Side Steps at Different Distances. Journal of Applied Biomechanics, 29: 336-345, 2013

※最近5年(2013~)の件数 11件
主要な
著書・書籍
(筆頭・共著)
  • 飯田祥明, 稲葉優希. バイオメカニクス. 内山治樹, 小谷究, バスケットボール学入門, 171-185, 流通経済大学出版会, 2017.
  • 稲葉優希. バイオメカニクス. 福林徹, 鍼灸マッサージ師のためのスポーツ東洋療法, 115-123, 株式会社医道の日本社, 2018.

※最近5年(2013~)の件数 2件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • Yuki Inaba, Noriko Hakamada, Munenori Murata. Influence of Selection of Release Angle and Speed on Success Rates of Jump Shots in Basketball. 5th International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support - icSPORTS, ISBN 978-989-758-269-1, pp48-55, Portgual, 2017.
  • Keisuke Fujii, Inaba Yuki, Yoshinobu Kawahara. Koopman spectral kernels for comparing complex dynamics: Application to multiagent sport plays. Joint European Conf. on Machine Learning and Principles and Practice of Knowledge Discovery in Databases, Skopje, Macedonia, 2017.
  • 稲葉優希, 山田耕司, 吉田和人, 尾崎宏樹. 卓球男子トップ選手のフォアハンドストロークのキネティクス的分析. 日本体育学会第68回大会, 静岡, 2017.
  • Yuki Inaba, Munenori Murata, Kazutoshi Kudo. Comparison of the experimental and theoretical release parameters of a player with 99 % success rate in basketball free-throw sohts. XXVI Congress of the International Society of Biomechanics, Brisbane, Australia, 2017.
  • Yuki Inaba, Sho Tamaki, Haruhiko Ikebukuro, Koshi Yamada, Kazuto Yoshida. Comparison of Behavior of Plastic Balls with Celluloid Balls. The 14th ITTF Sports Science Congress, Soochow University, China, 2015.

※最近5年(2013~)の実績 11件
所属学会 日本バイオメカニクス学会、日本体育学会、日本バスケットボール学会
受賞
  • Yuki Inaba, Noriko Hakamada, Munenori Murata. Best Paper Award. Influence of Selection of Release Angle and Speed on Success Rates of Jump Shots in Basketball. 5th International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support - icSPORTS, ISBN 978-989-758-269-1, pp48-55, Portgual,
  • 山下 大地, 村田宗則, 稲葉優希. 口頭発表最優秀賞.力積と滞空時間を用いた跳躍高算出における差異の要因―姿勢の違いに着目して―.NSCAジャパン、日本、2017年12月.
  • 稲葉優希, 吉岡伸輔, 深代千之. 奨励賞. 第21回日本バイオメカニクス学会大会, 国士舘大学(東京、日本). 素早い多方向移動の基礎動作に関するバイオメカニクス研究, 2010.  
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2018-現在 )

    動作解析と試合分析を組み合わせたバスケットボールのシュート成功率向上のための研究(科研費・若手研究/研究代表者)
  • 時期( 2015-2018 )

    バスケットボール試合中のシュート成功率を高める“良い”シュート動作の解明(科研費・若手研究(B)/研究代表者)
  • 時期( 2013-2015 )

    バイオフィードバックシステムを用いたトレーニングが運動の熟達に及ぼす効果の検討(科研費・研究活動スタート支援/研究代表者)

ページトップへ