安藤 良介(アンドウ リョウスケ)

氏名 安藤 良介 専門分野 運動生理学、トレーニング科学
学位 博士(教育学) 名古屋大学
資格 全日本スキー連盟 スキー検定1級
社会活動
  • 日本トレーニング科学会30周年記念シンポジウム 企画委員会事務局長(2017-2018)
HPSCで
担当する
主な業務
  • バドミントン日本代表のサポート
  • 陸上競技長距離選手および水泳選手のトレーニング法に関する研究
  • 筋スティフネスと運動パフォーマンスに関する研究
主要な
論文・総説
(筆頭・共著)
  • Ryosuke Ando, Shohei Kondo, Keisho Katayama, Koji Ishida, Hiroshi Akima. Neuromuscular activation of the knee and hip extensor muscles during high-intensity interval and moderate-intensity constant cycling. Journal of Electromyography and Kinesiology. 44: 64-69. 2019
  • Ryosuke Ando, Aya Tomita, Kohei Watanabe, Hiroshi Akima. Knee joint angle and vasti muscle electromyograms during fatiguing contractions. Clinical Physiology and Functional Imaging, 38(4): 566-572, 2018.
  • Ryosuke Ando, Kazunori Nosaka, Aya Tomita, Kohei Watanabe, Anthony J Blazevich, Hiroshi Akima. Vastus intermedius vs vastus lateralis fascicle behaviors during maximal concentric and eccentric contractions. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports, 28(3): 1018-1026, 2018
  • Ryosuke Ando, Kazunori Nosaka, Takayuki Inami, Aya Tomita, Kohei Watanabe, Anthony J Blazevich, Hiroshi Akima. Difference in fascicle behaviors between superficial and deep quadriceps muscles during isometric contractions. Muscle & Nerve, 53(5): 797-802, 2016
  • Ryosuke Ando, Akira Saito, Yoshihisa Umemura, Hiroshi Akima. Local architecture of the vastus intermedius is a better predictor of knee extension force than that of the other quadriceps femoris muscle heads. Clinical Physiology and Functional Imaging, 35(5): 376-382, 2015

※最近5年(2014~)の件数 19件
主要な
講演・口頭発表
(筆頭・共同)
  • 安藤良介.シンポジウム -画像診断機器の最新技術を体力医学へ応用する- 静的・動的な筋収縮時における骨格筋の形状を捉えるパノラマ超音波画像撮影法.日本体力医学会第73回大会,福井,2018,9.
  • 安藤良介,鈴木康弘.安静時における筋の剛性率とRate of Torque Development (RTD) の関係.日本体育学会第69回大会,徳島,2018,8.
  • Ryosuke Ando, Fumiya Tanji, Hayato Ohnuma, Kentaro Chino, Tatsuaki Ikeda, Ryo Yamanaka, Yasuhiro Suzuki. Cross-sectional area of quadriceps femoris negatively relates to 100-m sprint time in long distance runners. 23rd annual Congress of the European College of Sport Science, Dublin, Ireland, 2018, 7.
  • 安藤良介,富田彩,秋間広.筋疲労を伴う運動時における中間広筋の筋束長と膝伸展筋力の関係.日本体力医学会第72回大会,愛媛,2017,9.
  • 安藤良介,渡邊航平,秋間広.等尺性膝伸展運動時における中間広筋と外側広筋の筋束の短縮量.日本トレーニング科学会第29回大会,横浜,2016,10.

※最近5年(2014~)の実績 39 件
所属学会 ACSM、ECSS、日本体力医学会、日本体育学会、日本トレーニング科学会
受賞
  • 日本体力医学会2017-2018 国際学術奨励賞.2018,9.
  • 日本体力医学会2015年米国スポーツ医学会参加助成.2015,6.
  • 安藤良介,渡邊航平,秋間広.学術奨励賞,日本体力医学会第18回東海地方学術集会.膝関節屈曲位における大腿四頭筋の持続的な筋収縮では中間広筋が最も疲労する.2014,3.
競争的
資金等の
研究課題
  • 時期( 2019 )

    呼吸筋のトレーニング法に関する研究(デサントスポーツ科学振興財団/研究代表者)
  • 時期( 2018-2021 )

    筋スティフネスに関する研究(科研費・若手研究/研究代表者)
  • 時期( 2015-2017 )

    大腿四頭筋のサルコメア長に関する研究(科研費・特別研究員奨励費/研究代表者)

ページトップへ