沿革


  事項

1990(H2) 4   国立スポーツ科学センター建設予定地を北区西が丘の国立西が丘競技場敷地内に決定
1992(H4) 5   国立スポーツ科学センター事業検討懇談会開催
1993(H5) 6   国立スポーツ科学センタースポーツ科学に関する調査研究協力者会議発足(国立スポーツ科学センターの事業、運営、機器備品に関する調査研究会議)
1998(H10) 3   第一期工事(国立西が丘競技場本館解体工事)着工
  9   第二期工事(国立スポーツ科学センター建設工事)着工
2000(H12) 9   文部省(現文部科学省)が「スポーツ振興基本計画」を告示(国際競技力の総合的な向上方策として、国立スポーツ科学センターの活用を提示)
2001(H13) 2   建物完成
  4   国立スポーツ科学センター発足
  10   開所
 2008(H20) 1   ナショナルトレーニングセンター全面供用開始
 2012(H24)
4   アーチェリー実験・練習場設置
 2013(H25)
4   風洞実験棟設置
4   ハイパフォーマンス・ジム設置

5   国立西が丘サッカー場にネーミングライツを導入
 2016(H28)
4   ハイパフォーマンスセンター設立
  4   国立スポーツ科学センター・ナショナルトレーニングセンターのパラリンピック競技の共同利用開始

ページトップへ