ホーム > アーカイブ > JISS in Action! > JISS in Action 2006年5月15日

JISS in Action

2006年5月15日

トリノオリンピックにおけるサポート(3)

スキーノルディック複合チームのメンタルサポート

 

菅生 貴之(スポーツ科学研究部)



 ノルディック複合のメンタルサポートはソルトレー クオリンピックのあと(2003年)から開始し、今年で3年目となります。3年間の活動を通してコーチ、選手との信頼関係ができあがっていたため、今年度 のサポート活動はスムーズに行うことができました。2年目以降は心理的な課題とその対処についてカウンセリングに近い形で個別指導をしてきました。その結 果、選手には様々な課題に対処しようとする能力がついてきたと思います。

 そして、この3年間の集大成としてスイス・サンモリッツで行われ ていた直前合宿に帯同してきました。目的は今シーズンのワールドカップを振り返りながら、オリンピックに向けて気持ちを整理することにありました。具体的 には「ワールドカップ転戦中の心の流れ」、「試合中に起こった出来事」、「オリンピックに向けた心構え」についてそれぞれの選手に語ってもらいました。そ の結果、オリンピックに出場することの意味をそれぞれに再確認してくれたと思います。今回のオリンピックでは選手は全力を尽くしました。このようなかかわ りを継続していくことが更なる飛躍につながっていくことを信じています。

ページトップへ