/   
石川 正俊

東京大学情報理工学系研究科 創造情報学専攻教授

【略歴】
 1979年東京大学大学院工学系研究科計数工学専門課程修士修了。同年通商産業省工業技術院製品科学研究所、1989年東京大学工学部助教授。1999年同大学教授。現在、 同大学情報理工学系研究科創造情報学専攻教授。この間、 2002年より2006年まで、 東京大学総長特任補佐、 副学長、 理事・副学長を歴任。2011年紫綬褒章受章。工学博士。

【研究活動】
 1980年に開発した3次元動態計測システム(3次元モーションキャプチャーシステム)をはじめ、高速センシンクシステムの開発とロボット工学等へ応用の研究を行っている。近年、高速画像処理、視覚フィードバックを用いたシステムの開発を行っている。スポーツ経験は、ハンドボール、自転車、サッカー、テニス、スキー等、すべて初心者レベル。

【近年の主な活動内容】
 高速画像処理技術をベースとして、高速3次元モーションキャプチャー、ターゲットトラッキング、高速3次元形状計測等の計測技術を用いて、ボールや人間の手足等の動く対象に対するトラッキング、プロジェクションマッピング、振動計測等を実現するシステムを開発している。また、動作実現の観点から、スローイング、バッティング、高速走行、じゃんけん等を実現するロボットの開発を行っている。
Masatoshi Ishikawa

Professor, Creative Informatics, Graduate School of information Science and Technology, the University of Tokyo

Biography
 Masatoshi Ishikawa received the B.E., M.E., and Dr. Eng. degrees from the University of Tokyo, Japan, in 1977, 1979, and 1988, respectively. From 1979 to 1989, he was a researcher at Industrial Products Research Institute, Tsukuba, Japan. From 1989 to 1999, he was an associate professor, the University of Tokyo, where, from 1999 to 2001, he was a professor. He was an executive adviser to the president a vice-president and an executive vice-president of University of Tokyo, from 2004 to 2005, from 2004 to 2005, and from 2005 to 2006, respectively.

Research Activities
 He developed a 3D motion capture system in 1980 and is working for high speed sensing systems and their applications to robotics. Recently, he is developing systems using high speed image processing and visual feedback.

Main Activities in Recent Years
 He is developing systems for tracking of moving balls, hands and legs, projection mapping, and vibration measurement using high speed motion capture, target tracking, high speed 3D shape measurement, and related technology based on high speed image processing. He is also developing throwing, batting, high speed running, and Janken robots.