ホーム > 事業紹介 > 競技力強化のための連携・協働 > 競技力強化のための連携・協働活動報告

競技力強化のための連携・協働活動報告

ブログ

名前: host 作成日: 2021/02/19 16:28
次世代トップアスリート育成・強化活動報告

投稿者: kamiya 投稿日: 2021/05/27 10:00

投稿日:2021年5月27日
以前(2020/08/31のコラム)にもお伝えしましたが、ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)は、日本の競技スポーツの現状を踏まえたスポーツとアスリート育成の包括的な枠組みである「日本版FTEM」を2019年に開発しました。

HPSCでは、この日本版FTEMを活用して、中央競技団体(パラ水泳、BMXレーシング)と協働した競技別育成パスウェイモデルの構築に国内で初めて取組み、2団体のモデルが2021年3月についに完成しましたのでご紹介します。

パラ水泳、BMXレーシングの各競技でスポーツに触れてからトップアスリートに至るまでの過程(アスリート育成パスウェイ)をFTEMの段階に合わせて分かりやすく図にしました。
【日本版FTEM】パラ水泳 アスリート育成パスウェイ

【日本版FTEM】自転車BMXレーシング アスリート育成パスウェイ 詳細...

投稿者: watanabe_k 投稿日: 2020/12/24 18:30

投稿日:2020年12月24日

日本スポーツ振興センター(JSC)が設置するハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)では、日本スポーツ協会(JSPO)への委託事業として、未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」を実施しています。
https://www.j-star.info/

2020年12月16日付の記事でご紹介した通り、2021年1月31日までエントリー受付中の<オリンピック競技>は、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、測定会は実施せず、「立幅跳び動画」や新体力テスト等のデータによる選考を行います。

今回は、2つのエントリー方法をご紹介いたします。

【個人でのエントリー】
専用のオンラインシステムより、個人でエントリーすることが可能です。
エントリー方法や動画の撮影方法などは以下のページをご参照ください。
https://www.j-star.info/1ststage/

詳細...

投稿者: watanabe_k 投稿日: 2020/12/16 17:00

投稿日:2020/12/16

日本スポーツ振興センター(JSC)が設置するハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)では、アスリートパスウェイの戦略的支援事業の一環として「競技別コンソーシアムによる地域パスウェイの整備」事業(※1)を実施しています。
※1)アスリートパスウェイの戦略的支援事業「競技別コンソーシアムによる地域パスウェイの整備」事業についてhttps://www.jpnsport.go.jp/hpsc/ourwork/tabid/1683/Default.aspx

本事業は、JSCから中央競技団体に委託して進めており、中央競技団体が、地域で行われているタレント発掘・育成事業やその地域の競技団体、指導者と連携(コンソーシアムを形成)することで、地域の有能なタレント又はアスリートを中央競技団体が育成するナショナルタレントへとつなげていく環境を整備する、つまり、「アスリートパスウェイ」の構築に貢献することを目的としております。

詳細...

投稿者: kamiya 投稿日: 2020/11/02 17:00

投稿日:2020/11/02

日本スポーツ振興センターが設置するハイパフォーマンススポ ーツセンター(HPSC)では、日本スポーツ協会への委託事業として、未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」を実施しています。
「J-STARプロジェクト」ホームページ

11月1日より<オリンピック競技>4期生の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。(パラリンピック競技は10月1日よりエントリー受付中)

オリンピックを目指したい多くの若いアスリートに、チャレンジの場を提供したいと願い、今年度は対象競技の拡充や、動画データなどによる選考の開始等、新しい取組みを実現いたしました。

<対象競技>
陸上競技
ボートホッケービーチバレーボールバスケットボールウエイトリフティングハンドボールフェンシング 詳細...

投稿者: kamiya 投稿日: 2020/10/14 17:37

投稿日:2020/10/14

日本スポーツ振興センターが設置するハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)では、日本スポーツ協会への委託事業として、未来のオリンピック・パラリンピック等の国際舞台で活躍するアスリートを発掘するための「ジャパン・ライジング・スター・プロジェクト(J-STARプロジェクト)」を実施しています。 

10月1日より<パラリンピック競技>4期生の募集を開始いたしましたので、お知らせいたします。(オリンピック競技は11月1日より募集開始)

投稿者: kojima 投稿日: 2020/08/31 10:00

投稿日:2020/08/31

日本スポーツ振興センター(JSC)では、子どもがスポーツに触れてからトップアスリートになるまでの道すじを作る「アスリート育成パスウェイ」の事業を実施しています。その事業の中で、日本の競技スポーツの現状を踏まえたスポーツとアスリート育成の包括的な枠組み「日本版FTEM(Foundation、Talent、Elite、Mastery)※」を2019年に開発しました。

衣笠泰介,舩先康平,藤原昌,Elissa Morley,Jason Gulbin. 我が国のスポーツとアスリート育成における国際的な包括的枠組みの適用:「日本版FTEM」の開発. Journal of High Performance Sport, 4:127-140. 2019
日本におけるスポーツとアスリート育成の枠組み
スポーツを「する」者の主な経験を図の左から右までの11(Foundation:3段階、Talent:4段階、Elite:3段階、Mastery:1段階)に分けて示しています。また図の真ん中には、「3つの視点から見た育成の基軸(個人・スポーツ・システム)」というスポーツを「ささえる」者の観点もあります。

諸外国では、日本版F ...
詳細...

ページトップへ