ホーム > HPSCについて > 組織紹介

組織紹介

日本スポーツ振興センター機構図

ハイパフォーマンススポーツセンター組織図。ハイパフォーマンススポーツセンターにはハイパフォーマンス戦略部、ハイパフォーマンススポーツセンター運営部、国立スポーツ科学センター、機能強化ユニット、ナショナルトレーニングセンターの5つの組織があり、さらに国立スポーツ科学センターからスポーツ研究部、スポーツメディカルセンター、スポーツ科学部があります。

ハイパフォーマンススポーツセンター(HPSC)は、「国立スポーツ科学センターとナショナルトレーニングセンターの連携」及び「日本オリンピック委員会・日本パラリンピック委員会、日本スポーツ振興センターの連携」のために発足した組織です。

日本スポーツ振興センター機構図の詳細はこちら

ハイパフォーマンス戦略部

ハイパフォーマンス戦略部は、競技力強化のための連携・協働や次世代トップアスリートの発掘・育成・強化に係る事業を通じて、中央競技団体やアスリート等を支援します。

ハイパフォーマンススポーツセンター運営部

ハイパフォーマンススポーツセンター施設(国立スポーツ科学センター、ナショナルトレーニングセンター)の管理運営等を行っています。

スポーツ科学部・スポーツ研究部

スポーツ科学部・スポーツ研究部は、生理学、心理学、バイオメカニクス等を含む様々な分野の研究を推進するとともに、トップレベル競技者の体力、運動能力、技術の測定・診断等を通じて競技力向上をサポートします。

スタッフ紹介

スポーツメディカルセンター

スポーツメディカルセンターは、①スポーツ外傷・障害及び疾病に対する診療を行う「スポーツクリニック」、②競技現場への復帰のために必須となるリハビリテーションを行う「コンディショニング課」、③スポーツ診療事業の各種事務手続や選手等の予約・受付対応を行う「事業推進課」の3課で構成され、トップレベル競技者に対して診療及びコンディショニングを行い、我が国の国際競技力向上を医学面からサポートします。

機能強化ユニット

「スポーツ・インテリジェンス」、「スポーツ技術・開発」、「アスリート・データ」について我が国の国際競技力を強化していくための取組みを実施しています。

ページトップへ