ホーム > 業務紹介 > ハイパフォーマンスセンター(HPC) > 第2回JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project 領域指定研究公募要項

第2回JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project 領域指定研究公募要項

1. 目的
 国際競技力強化の最大限化を実現させる研究を実施する。なお、研究で得られた知見からコンディショニングに関するガイドラインを策定する。
 さらに、研究成果を「ソフトレガシー」として、国民の健康維持・増進に向けた啓発活動に応用する。

2. 研究課題
体調管理
1) アスリートのコンディション評価に関する研究
 (①機能的動作評価、②身体組成評価、③フィットネス評価のいずれかを含むこと)
2) アスリートにおける内科的スポーツ障害の予防に関する研究
3) アスリートにおける外科的スポーツ外傷・障害の予防に関する研究

メンタル
4) アスリートにおけるメンタルトレーニングに関する研究

トレーニング
5) 現場で役立つ実践的なトレーニング方法に関する研究

リカバリー(栄養)
6) トレーニング後や試合間のリカバリーに役立つ栄養補給に関する研究
7) アスリートにおける適切な減量方法や計量後のリカバリーに関する研究

リカバリー(物理療法)
8) アスリートのリカバリーを目的とした物理療法に関する研究
 (マッサージ、鍼灸、寒冷療法、温熱療法など)

ジュニアアスリート
9) ジュニア期におけるトレーニングに関する研究(障害予防の観点を含む)

女性アスリート
10) 女性アスリートが抱える健康問題(月経や骨の問題など)に関する研究

3. 応募資格
・博士号を取得している者 または 研究歴5年以上(修士・博士過程含む)の者
・平成30年4月1日から研究完了日まで、常勤、非常勤を問わず日本の所属機関で研究活動に従事する者。

4. 研究期間
委託契約締結後から~平成32年9月
※委託契約の締結は平成30年10月を予定

5. 公募件数
各1件程度

6. 研究費
委託契約締結後~平成32年9月(約2年間)において1件あたり上限240万円

7. 公募期間
平成30年7月23日(月)~8月20日(月)(日本時間24時〆切)

8. 申請書等の提出方法等
当センターのウェブサイト(下記参照)から申請書及び研究計画書をダウンロードの上、下記にデータを送付すること。
http://www.jpnsport.go.jp/corp/gyoumu/tabid/818/Default.aspx
(1)提出場所及び問い合わせ先
〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1
ハイパフォーマンスセンターハイパフォーマンス戦略部事業推進課
TEL:03-5963-0227
E‐mail:tcrp@jpnsport.go.jp
(2)提出方法
提出はE‐mailで提出すること。
・送信メールの題名は、「【TCRP】申請書及び研究計画書提出」とすること。
・申請書及び研究経費内訳はEXCELファイルで提出すること。
・研究計画書はWORDファイルで提出すること。
・受信通知は、送信者に対してメールにて返信する。

9. 注意事項
・公募は1個人1研究課題(上記の研究課題1)〜10)より選択)に限ります
・採択者には、本研究で得られた成果を含めたガイドラインを作成して頂くため、 ガイドラインへ反映できる実践的な研究をご計画ください。

10. 選考方法
外部有識者で構成する、研究選定評価委員会により選考

11. 採択通知
・平成30年9月中旬に採否結果を通知。
・メール及び文書で連絡予定。
・公募内容の一部に対象外経費が含まれている場合や研究経費の妥当性の観点により、公募した金額から減額での採択となることがあります。その場合は、研究開始までに経費計画の修正を頂きます。
・採択された場合は、採択内容及び採択者を公開します。
・採否の理由等に関するお問い合わせには応じかねます。

12. 契約の締結及び研究費の管理
採択された場合は、日本スポーツ振興センターと採択者の所属する機関とで「契約書」を締結する。また、研究費の管理は機関経理とする。

13. 研究費の概算払い及び残額の取扱
概算払いを希望する場合は、「概算払請求書」をもって概算払いの手続きを取ること。
また、研究費に残額が生じた場合はJSCに戻しいれることとする。

14. 倫理的配慮
所属機関や所属学会の倫理規定やガイドライン等に従い、倫理的配慮のもとに研究を実施すること。

15. 報告書等の提出
下記のとおり報告書を提出すること。
平成30年度終了時:進捗状況報告書
平成31年度終了時:進捗状況報告書
平成32年9月研究終了時:研究成果報告書
※研究を採択された方は、研究成果報告書を元に「JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Projectガイドライン」への原稿作成を頂きます。

16. 成果の公表
研究成果を学会等で利用する際は、「JSCハイパフォーマンスセンターTotal Conditioning Research Project」の成果である旨を文中等の適当な箇所へ挿入するものとする。

17. 留意事項
対象となる経費は事務処理の手引きを参考とすること。


ページトップへ