ホーム > 業務紹介 > 日本のスポーツ推進のための開発・支援業務

日本のスポーツ推進のための開発・支援業務

「国際競技力の向上に資する各種スポーツ資源の開発」をミッションとし、東京2020オリンピック・パラリンピック、さらにその先を見据えた新たなプログラムの開発や支援等を行う他、競技団体や地方公共団体をはじめとする国内外関係機関との連携等、各種事業を推進しています。

 

 事業紹介

アスリートパスウェイの戦略的支援

将来性豊かな地域のタレントをメダル獲得が有望なアスリートまで確実に引き上げる育成システムの構築を目的とし、競技別育成パスウェイの構築、タレント発掘・育成プログラムの統合及び開発、革新的パスウェイプログラムの開発を行います。


女性アスリートの育成・支援プロジェクト

国際競技力向上に貢献すべく、戦略的かつ実践的な強化等に資するモデルプログラムの策定・実施を行う「女性アスリート強化プログラム」、特有の各課題に対応した医・科学サポートに関するモデル支援プログラムを実施する「女性アスリート支援プログラム」、女性特有の視点や観点とアスリート時代に培った技術や経験等を兼ね備えた女性のエリートコーチをスムーズかつ即戦力指導者として育成するためのモデルプログラムの策定・実施を行う「女性エリートコーチ育成プログラム」等をハイパフォーマンスセンター一体となって取り組みます。

                                                   ※スポーツ庁委託事業

次世代ターゲットスポーツの育成支援

将来メダル獲得の可能性のあるスポーツを対象として、次世代アスリート育成・強化プランに基づき、スポーツ医・科学、情報を活用した集中的な育成支援を行います。

有望アスリート海外強化支援

将来メダル獲得が期待される有望アスリートが実施する海外拠点を活用した強化活動やそのアスリートを核とするコーチ、トレーナー等のサポートチームの活動について、支援の充実を図ります。

 

ハイパフォーマンス統括人材の育成支援事業

国際舞台で活躍できる世界基準のコーチ(ワールドクラスコーチ)、競技団体の経営等に関与する人材(ハイパフォーマンスディレクター)を育成するためのプログラムを開発します。

 


関係事業との連携

 

ページトップへ