ホーム > 学校現場での取組(事故防止対策) > 名古屋地域 > 名古屋☆通信 第116号(2018.03)

名古屋☆通信 第116号(2018.03)

【愛知県】平成29年度県立学校等体育担当者研修会
-体育活動中の事故防止について
 
 平成29年12月1日(金)愛知県教育委員会が主催する「学校等体育担当者研修会」の講義において、独立行政法人日本スポーツ振興センター名古屋事務所から学校事故防止における情報提供を行いましたので、その様子を紹介します。

■研修会の趣旨

 学校等の保健体育担当教員に学校体育指導に関わる情報の提供を行うとともに、研究報告や研修協議等を実施することにより、各学校における保健体育指導の充実を図るというものです。

■参加者

 保健体育科教員(小・中・高保健体育担当者) 217名
受講の様子

■講義の内容

1 「学校での事故を減らすために」と題し、災害共済給付業務の実施によって得られる災害事例及び統計データを整理、分析し、調査・研究を行っている学校での事故防止のための情報提供を行う「学校安全支援業務」全般を紹介しました。

災害共済給付業務の実施によって得られる災害事故情報を活用して、事例・統計データの整理、分析及び調査・研究を行い、その成果を学校関係者等に分かりやすく提供することにより、学校における事故防止のための取組を支援します。

2 この学校安全支援業務のうち、調査研究の一つである頭頚部の事故について、傾向と予防・対策について紹介しました。            

(1) 傾向

① 頭頚部事故の発生件数
グラフ1 平成10~体育活動中の頭頚部事故による死亡障害事故件数
小1 小2 小3 小4 小5 小6 中1 中2 中3 高1 高2 高3 合計(件)
頭部外傷 1 1 0 0 2 1 16 11 3 37 21 11 104
頚部外傷 0
0 1 0 1 1 8 13 12 16 34 31 115
合計 1 1 1 0 3 2 22 24 15 53 55 42 219
グラフ1は、平成10年度から平成28年度の間に全国で発生した、体育授業中や運動部活動中に頭部または頚部の外傷により、死亡見舞金、障害見舞金の1級から3級までの給付した件数を発生校種別に分けました(合計としては219件)。
障害見舞金の第1級とは、「身の回りの生活は常に介護が必要とする」ものであり、障害見舞金の等級は14級に区分されていることから、最も重篤な等級であり、第2級、第3級がその後に続きます。 
 
② 中学校から高等学校までの頭頚部事故の割合と競技別の割合
 下のグラフは①の事故発生件数(死亡見舞金、障害見舞金1~3級の障害事故)から中学校、高等学校を抜粋し、体育授業中、運動部活動中に分け、頭頚部事故の割合、競技別の割合を示したものです。
グラフ2 平成10年~体育授業中の頭頚部事故割合・種目別割合
中1 中2 中3 高1 高2 高3 合計(件)
水泳 0 3 0 2 1 5 11
 体操 2 0 3 0 3 0 8
柔道 2 0 0 2 1 1 6
陸上競技 0 0 2 1 0 0 3
その他 1 1 1 0 3 4 10
合計 5 4 6 5 8 10 38
グラフ2は体育授業中の頭頚部事故によるもので、頭頚部割合は頭部よりも頚部が多く、競技別では、水泳、体操、柔道の順で多くなっています。
 
グラフ3 平成10年~運動部活動中の頭頚部事故割合・種目別割合
中1 中2 中3 高1 高2 高3 合計(件)
柔道 14 9 4 18 4 8 57
 ラグビー 0 0 0 4 16 11 31
体操 0 1 2 4 6 3 16
水泳 2 3 4 3 3 0 15
ボクシング 0 0 0 3 5 0 8
その他 1 6 0 16 14 9 46
合計 17 19 10 48 48 31 173
グラフ3は運動部活動中の頭頚部事故によるもので、頚部よりも頭部の割合が若干多い程度で、競技別では、柔道、ラグビー、体操・水泳の順で多くなっています。
 

(2)予防・対策

 実際に発生した事故事例として、高等学校での柔道の授業、中学校での水泳部活動の2事例について紹介しました。
 次に、頭頚部事故防止に対する予防・対策としての刊行物「スポーツ事故防止ハンドブック」、「調査研究報告書(学校の管理下における体育活動中の事故の傾向と事故防止に関する調査研究-体育活動における頭頚部外傷の傾向と事故防止の留意点-)」の概要を紹介しました。
 最後に、映像資料(DVD)「体育活動による頭部・頚部の外傷 ~発生時の対応~」をご視聴いただき、今回の情報提供を終えました。
スポーツ事故防止ハンドブック
平成26年度 文部科学省委託事業スポーツ事故防止対策推進事業1.運命の5分間 その時あなたは
「映像資料(DVD)」のページへ
「学校の管理下における体育活動中の事故の傾向と事故防止に関する調査研究」 -体育活動における頭頚部外傷の傾向と事故防止の留意点-
調査研究報告書のページへ

■受講者からのご要望・ご意見

研修会終了後、アンケートにご協力いただきました。(回答率88% 217名中192名回答)
Q1 「学校安全Web」でご覧になった内容はありますか。(複数回答可)
Q1に対するアンケート結果A1
Q2 今後、学校安全Web等でどのような情報を充実して欲しいですか。(複数回答可)
Q2に対するアンケート結果A2
学校事故事例検索データベース 13
教材カード 9 
刊行物(「学校の管理下の災害」など) 10
学校安全フリーイラスト集 13
学校事故防止に関する調査研究(報告書など) 3
スポーツ事故防止DVD、ハンドブック 53
地域だより 2
その他  16
   
事故防止啓発資料 75
統計データ 17
事故事例 71
その他 4

〇主なご要望・ご意見など
 ・今回の講義について、今後、活用していきたい。
 ・特別支援学校での事故事例を紹介してもらえると活用しやすい。
 ・DVD等の映像資料については字幕を付けてもらえるとありがたい。
 ・開催県で発生した事故事例を紹介して頂けると、より受講者の事故防止の意識付けになると思う。

■研修会を終えて

 愛知県教育委員会主催の研修会の場において、学校事故防止における情報提供は、今回は2回目となりましたが、200名を超す研修会であり、受講者して頂いた先生におかれましては、ご清聴及びアンケートにお答え頂き感謝致します。
 アンケート結果から、ウエブサイト「学校安全Web」での閲覧数1位は大差で「スポーツ事故防止DVD、ハンドブック」であり、わかりやすく学校現場にすぐに役立つものが評価されたことから、今後も普及に努めていきたいと思いました。また、「学校安全Web」等の学校事故防止のための情報提供に期待されていることは、「事故防止啓発資料」、「事故事例」の充実であることから、ウエブサイトの充実とともに、今回のような研修会等での学校事故防止における情報提供の場を増やし、その期待に応えていきたいと感じました。


 

ページトップへ