ホーム > 学校現場での取組(事故防止対策) > 広島地域 > 学校現場での取組(事故防止対策) 広島第73号(2019.4)

学校現場での取組(事故防止対策) 広島第73号(2019.4)

「広島県高等学校野球連盟 平成30年度指導者研修会」での
事故防止のための情報提供 
 
 平成31年2月23日(土)広島市の広島YMCA国際文化センターの国際文化ホールで開催された広島県高等学校野球連盟(以下、「広島県高野連」)の指導者研修会において、日本スポーツ振興センター(以下、「JSC」)が、高校野球での事故防止のための情報提供を行いましたので、その内容についてご紹介します。 
 

⚾ 指導者研修会の概要 

研修会看板   この研修会は、広島県高野連の主催で行われたもので、練習中の事故がどのような状況下で起きるかについて研修を深め、事故の予防や、選手・指導者のけがの予防をテーマとした講演がありました。広島県高野連役員、広島県高野連加盟校指導者のほか、広島県中体連野球専門部指導者や野球の指導に関わっている方々も対象としており、総勢149名が参加しました。 
 開会行事に続き、JSCによる事故防止の情報提供を行った後、日本高等学校野球連盟がJSCのデータ提供により制作した「中学生・高校生野球部員のケガを防止するために」の映像資料を視聴しました。
 次に、元プロ野球選手で、現在は山口県の学校法人早鞆学園早鞆高等学校で野球部監督を務めている大越基氏を講師に迎えての、講演が行われました。 
 前半では、野球部の練習中の事故で裁判になった経験を紹介したのち、重大な事故の裏にはたくさんの小さな危険の積み重ねがあるとする「ハインリッヒの法則」を例に、「あの事故の前にも足や頭などに打球が当たることがあった。今は、ひやりとする場面があったらすぐに集合をかけ、子どもたちに何がいけなかったのか考えさせている」と話されました。 
 後半では、高校野球の指導者について、指導方法は時代とともに変わってきており、指導する上で、体罰は絶対に許されないこと、言葉のコミュニケーションでどれだけ生徒を良い方向に導けるかといった指導者の資質が問われる時代になることを熱く語られ、参加者は熱心に聞き入っていました。
 

⚾ 情報提供について 

 JSCは、大越氏の講演の前に、25分間の時間をいただき、「高校野球での事故を減らすために」の資料を用いて情報提供を行いました。
 はじめに、JSCが保有するデータから、全国の高等学校の課外指導中に発生した競技種別・障害種別件数や部活動別の熱中症の発生件数について説明を行いました。
 次に、平成27年度から平成29年度の3年間に、広島県の高等学校の野球部活動中に発生した災害に関する統計について、発生状況別(月別・時間別等)、負傷疾病の種類別、部位別の件数を示し、災害の現状について説明しました。
 その後、事故防止のためにJSCが取り組んでいることや成果物(スポーツ事故防止ハンドブック、熱中症対応フローポスター等)を紹介しました。
 さらにJSCのホームページ“学校安全Web”に掲載されている「学校での事故防止対策集」や「教材カード」等の資料の活用についても説明しました。 
情報提供風景 
全国の高等学校の課外指導における障害件数の部活動別内訳(平成20~29年度(給付年度))の表 野球部の眼の障害122、歯牙障害143、上肢下肢障害10、精神神経障害17、醜状障害10、胸腹部臓器障害26、心機能障害9、他の障害3、野球の障害合計340 サッカー:眼の障害30、歯牙障害25、上肢下肢障害7、精神神経障害10、醜状障害12、胸腹部臓器障害10、心機能障害4、他の障害4、サッカーの障害合計102 バスケット:眼の障害5、歯牙障害27、上肢下肢障害5、精神神経障害2、醜状障害6、胸腹部臓器障害0、心機能障害2、他の障害0、バスケットの障害合計42 ラグビー:眼の障害12、歯牙障害6、上肢下肢障害5、精神神経障害7、醜状障害4、胸腹部臓器障害2、心機能障害1、他の障害0、ラグビーの障害合計37 バレーボール:眼の障害1、歯牙障害13、上肢下肢障害5、精神神経障害0、醜状障害2、胸腹部臓器障害0、心機能障害1、他の障害1、バレーボールの障害合計23 他の競技とは陸上、ソフトボール、バドミントン、柔道等で:眼の障害47、歯牙障害41、上肢下肢障害24、精神神経障害40、醜状障害14、胸腹部臓器障害6、心機能障害8、他の障害11、他の競技の障害合計191 障害種別ごとの合計:眼の障害217、歯牙障害255、上肢下肢障害56、精神神経障害76、醜状障害48、胸腹部臓器障害44、心機能障害25、他の障害19、全ての障害の合計740 他の障害とは:せき柱障害、聴力障害のこと 高等学校野球部の障害種別発生内訳と等級別発生件数の説明  円グラフ内の内訳 視力・眼球運動障害 44% 歯牙障害 35% 胸腹部臓器障害 10%  精神・神経障害 4% 外貌・露出部分の醜状障害 3%  手指切断・機能障害 2% 下肢切断・機能障害 1%  聴力障害 1%  等級別発生件数 棒グラフ内訳 2級 全障害種1件、5級 全障害種1件、 7級 全障害種8件、8級 視力・眼球運動障害19件、全障害種1件、計20件、9級 視力・眼球運動障害9件、全障害種7件、計16件 10級 視力・眼球運動障害11件、11級 視力・眼球運動障害9件、全障害種11件、計20件、12級 視力・眼球運動障害10件、歯牙障害2件、全障害種7件、計19件  13級 視力・眼球運動障害22件、歯牙障害16件、全障害種2件、計40件 14級 視力・眼球運動障害19件、歯牙障害61件、全障害種9件、計89件 障害見舞金の等級 8級視力・眼球運動障害19件、歯牙障害0件、9級視力・眼球運動障害9件、歯牙障害0件、10級視力・眼球運動障害11件、歯牙障害0件、11級視力・眼球運動障害9件、歯牙障害0件、12級視力・眼球運動障害10件、歯牙障害2件、13級視力・眼球運動障害22件、歯牙障害16件、14級視力・眼球運動障害19件、歯牙障害61件
全国の高等学校の課外指導における熱中症発生件数(平成25年度から29年度(給付年度))体育的部活動中に発生し、「熱中症」と診断され、医療費を給付した件数の内訳  競技別発生内訳の割合 野球20%、のみ%表記 野球以外の種目名:サッカー、バスケット、バレー、ラグビー、その他 年度別発生件数 平成25年、野球382、サッカー182、バスケット142、バレー77、ラグビー62、その他692、平成25年合計1,537 平成26年、野球258、サッカー147、バスケット115、バレー71、ラグビー33、その他733、平成26年合計1,357 平成27年、野球337、サッカー202、バスケット125、バレー82、ラグビー51、その他814、平成27年合計1,611 平成28年、野球288、サッカー223、バスケット123、バレー91、ラグビー42、その他771、平成28年合計1,538 平成29年野球276、サッカー208、バスケット129、バレー90、ラグビー42、その他843、平成29年合計1,588 種目ごとの合計:野球1,541、サッカー962、バスケット634、バレー411、ラグビー230、その他3,853、種目毎総合計7,631 「スポーツ活動中の眼の事故防止と発生時の対応」映像資料の紹介
スポーツ事故防止ハンドブック 熱中症対応フロー 熱中症を疑う症状(の説明)・四肢や腹部のけいれん(つる)と筋肉痛が起きる。・全身倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などが起きる。・頻脈、顔面蒼白となる。足がもつれる・ふらつく・転倒する。・突然座り込む・立ち上がれない 等  矢印で進むフロー・熱中症を疑う症状→意識障害を確認(質問をして応答をみる・ここはどこ?・名前は?・今何をしている?)/なし→・涼しい場所へ避難・衣服をゆるめて寝かせる→水分摂取ができるか確認/できる→水分塩分を補給する(・水分と塩分(スポーツドリンクや経口補水液など)を補給する・熱けいれんの場合は生理食塩水(0.9%)などの濃いめの食塩水を補給する)/症状改善した→経過観察、症状改善しない→病院へ!体を冷やしながら、設備や治療スタッフが整った集中治療のできる病院へ一刻も早く搬送する。水分摂取ができるか確認/できない→病院へ!体を冷やしながら、設備や治療スタッフが整った集中治療のできる病院へ一刻も早く搬送する。・熱中症を疑う症状→意識障害を確認(・応答が鈍い・言動がおかしい・意識がない 等)/あり→・119番通報、応急手当→・涼しい場所へ避難・衣服をゆるめて寝かせる(二つある矢印の一つ目)→水分摂取ができるか確認→できる→水分塩分を補給する(・水分と塩分(スポーツドリンクや経口補水液など)を補給する・熱けいれんの場合は生理食塩水(0.9%)などの濃いめの食塩水を補給する)/できない→病院へ!体を冷やしながら、設備や治療スタッフが整った集中治療のできる病院へ一刻も早く搬送する。・涼しい場所へ避難・衣服をゆるめて寝かせる(二つある矢印の二つ目)→脱衣と冷却※迅速に体温を下げることができれば、救命率は上がる。救急車到着まで積極的に体を冷やす。・水をかけたり、濡れたタオルを当てて扇ぐ。one point氷やアイスパックがあれば、頸部、脇の下、足の付け根などの大きい血管を冷やすのもよい!→病院へ!体を冷やしながら、設備や治療スタッフが整った集中治療のできる病院へ一刻も早く搬送する。
 

⚾ 研修会の感想及び今後に向けて 

 広島県高野連の理事長から、「今回の研修会でJSCから事故情報や事故防止の取組を紹介してもらったことは、この研修会の『大きな事故を起こしてはならない事故の予防の重要性を啓発する』目的とピタッと合致していた。野球の事故に関する具体的な統計情報では、『練習中の事故がどのような状況下で発生するか』を知ってもらい、改めて事故防止の重要性を認識してもらうことができた。今回の参加者にとって大変有意義であった。」との感想をいただきました。

 JSCでは、今後もこのような取組を通じて広島県高野連の事故防止のための連携を図っていきたいと思います。
 また、広島県高野連のみならず、今回のような研修会等が開催される場合は、JSCの保有する事故防止情報・資料等を紹介させていただくことで、事故防止のためにお役立ていただければと考えていますので、是非ご連絡ください。 
 







 

ページトップへ