事例紹介 Case study

ハンドストラクチャー開発

パラリンピック:クロスカントリー / 新田佳浩選手 ©PHOTO KISHIMOTO
対象競技
パラリンピック クロスカントリースキー/バイアスロン男女
実施体制
筑波大学スポーツR&Dコア、(NPO法人)日本障害者スキー連盟、株式会社浜島精機、有限会社戸崎鐵工所

取組内容

ハンドストラクチャーはスキー板の滑走面に溝(ストラクチャー)を入れるための用具で、本体と金属部分(ブレード)から構成されます。
比較的高温の環境下で行われることが予想された平昌大会に向けて、競技当日の天気や気温、雪温に応じてレースに最適なストラクチャーを滑走面に入れられるよう、コーチや選手の細かなニーズに対応できる複数のブレードと、効率的かつ均一にストラクチャーを入れられる本体とワークベンチを開発しました。
開発されたブレードが平昌大会でも大活躍したという評価を競技団体から得ており、ワークベンチ、ストラクチャー本体含め、セットで提供されたことについても高評価を得ました。

ハンドストラクチャー本体 ハンドストラクチャーブレード

ページの先頭へ