イベント情報

平成27年度スポーツ庁委託事業「スポーツキャリアサポート推進戦略」

本キックオフフォーラムのねらい

アスリートが歩む「キャリア」は多様であり、直面する課題も同じく多様です。一方で、私たちが捉えるスポーツキャリア課題は、その立場や立ち位置によって異なっており、それらの課題についてともに議論を行う共通の「ことば」を持たない現状にあります。

本フォーラムは、アスリートや指導者を中心に、スポーツ統括団体や競技団体等はもとより、教育界、経済界、キャリア研究者など、各分野の中核を担う関係者の方々とともに、スポーツキャリア全体の現状と課題に対する共通の認識を持つ機会となることをめざします。

「私たち」一人ひとりが、現状の考え方・制度・風土の「今の常識」に疑問を持ち、TOKYO2020のレガシーとして、課題解決につながる新たなスポーツキャリア環境が日本に根づくように、2020年に向けて行動するための新たなイニシアティブのキックオフにつなげたいと考えています。

平成27年度スポーツ庁委託事業「スポーツキャリアサポート推進戦略」

開催概要

アスリート・キャリア・トーク・ジャパン 2016

日時:

2016年1月9日(土)13:30〜17:45

会場:

伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホール
(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学本郷キャンパス「赤門」すぐそば

参加対象者 :

アスリート、コーチ・指導者、競技団体・スポーツ団体関係者、医・科学スタッフ、大学教職員、キャリア形成支援関係者、アスリートの保護者、地域行政スポーツ担当者など

第1部

○ トップアスリートによるスターティング・アクト(開幕)

- 棟朝銀河氏(リオデジャネイロオリンピック・トランポリン日本代表)、佐藤真海氏(パラリンピアン・陸上競技)他

○ 主催者ご挨拶および趣旨説明

- 大東和美(日本スポーツ振興センター理事長)他

○ キーノート&アスリートディスカッション<スポーツキャリア白熱講義>

- ポール・ワイルマン博士(ブリュッセル・フレイ大学教授)
- 田中ウルヴェ京氏(オリンピアン、メンタルトレーナー)
- アスリート約30名(トップ〜ナショナルタレント)

第2部

○ シンポジウム「POST2020社会とスポーツキャリア〜ハイパフォーマンス・アスリートの可能性」

- 漆紫穂子氏(品川女子学院校長、教育再生実行会議有識者)
- 冨山和彦氏(株式会社経営共創基盤代表取締役CEO、一般社団法人経済同友会副代表幹事)
- 竹井智宏氏(一般社団法人MAKOTO代表理事)
- 室伏広治氏(オリンピアン、JOC理事、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会スポーツディレクター)
- 河合純一(パラリンピアン、日本パラリンピアンズ協会会長)

○ クロージング・ダイアログ(総括)

- ガイ・テイラー博士(英国TASSナショナルディレクター SCS推進戦略海外アドバイザー)他

○ 閉幕

※プログラムは今後変更の可能性があります。

All Rights Reserved, Copyright(c) 2016, JAPAN SPORT COUNCIL