ホーム > 主催者の方へ > 利用上の注意事項(共通)

利用上の注意事項(共通)

(1)利用日の決定から施設利用料の支払いまで

■利用日の決定

  • 所定の「施設利用申込書」に必要事項を記入の上、担当係にお申し込みください。
  • 「施設利用申込書」の提出後、施設利用承諾書の交付をもって利用の確定とします。

■施設利用料

■施設利用料の納入期限

  • 施設利用料の全額を利用開始日の10日前までにお支払いください。

■支払方法

  • 「請求書」、「振込用紙」を送付しますので、指定期日までに振込みの手続きをしてください。
  • 附属施設、設備等を利用した場合には、支払方法が異なりますので、担当係にお問合せください。

(2)利用日の変更、取消し

  • 利用日時やその他の条件について変更又は取消しをする場合には、速やかに担当係まで書面にてお申し出ください。
  • 変更、取消しの場合は、国立競技場「利用規程第14条」に基づき変更料又は取消料を徴収します。(規定抜粋)

(3)利用の中止及び承諾の取消し

次の場合には、催物開催期間中においても利用できなくなる場合があります。

■利用の中止

  • 公の秩序を乱し、又は公益を害するおそれがあると認められるとき。
  • 利用に伴い、騒音、異臭、煙等により、当競技場内及び近隣に悪影響を及ぼすおそれがあると認められるとき。
  • 当競技場の施設、設備及び器物等を破損するおそれがあると認められるとき。
  • 当競技場の管理運営上、支障があると認められるとき。
  • 前各号に挙げるもののほか、国立代々木競技場の目的に照らして、利用を不適当と認めたとき。

■承諾の取消し

  • 施設利用料が所定の期日までに支払われないとき。
  • 申込時の利用目的と利用時の内容が著しく異なるとき。
  • 利用者が利用権を第三者に譲渡、又は転貸したとき。
  • 利用条件、又は当競技場の指示に従わなかったとき。
  • 当競技場の管理運営上、やむを得ない事由が発生したとき。

■その他

  • 天災その他の事由により施設の利用ができないとき。

(4)管理責任

  • 利用者は、常に善良な管理者の注意をもって利用するものとし、すべて利用者の責任と費用において、催物の運営、催物のために必要な事前準備、及び催物終了後の原状回復作業を行ってください。
  • 利用者が利用するに当たって必要な場内案内及び警備は、すべて利用者の責任と費用において行ってください。
  • 利用者は、来場者に対し、人身事故その他の損害が及ばないよう常に万全の配慮をしてください。
  • 物品販売、製品展示会等を行う利用者は、出店(展)参加業者一覧を担当係に提出してください。
  • なお、届出のない業者が出店(展)していた場合は撤去していただきます。
  • 利用期間中の施設、設備等の保全に注意を払うとともに、利用施設内の秩序維持、搬入・搬出の整理及び来場者の安全確保について万全を期してください。
  • 施設の利用期間中(準備、撤去を含む)に施設内において発生した事故等については、すべて利用者に責任を負っていただきますので、事故防止には万全を期してください。
  • 施設を利用するに当たって、関係法令及び利用案内に定められた事項を遵守するとともに、関係業者、来場者等に対しても周知徹底してください。
  • 廃棄物等の処理については、(9)をご参照ください。

(5)免責及び損害賠償

  • 施設の利用期間中における人身事故、盗難、破損事故等に関して、当競技場は一切の責任を負いません。
  • 施設利用料は、天災その他利用者の責によらない事由、又は当競技場の都合でやむを得ず承諾の取消しをする場合を除き、返還いたしません。
  • 利用者が当競技場内の施設、設備、器物を破損もしくは紛失した場合は、原状回復又は賠償をしていただきます。

(6)利用計画の打合せ

  • 利用開始の1ヶ月前を目途に、期間中のタイムスケジュール、会場管理計画、会場内利用図面、関係者名簿等をご用意の上、担当係と打合せを行ってください。

(7)施設の利用開始から利用終了まで

■利用開始

  • 利用開始当日は、第一体育館利用の場合は警備室から、第二体育館利用の場合は事業課事務所から鍵と利用報告書を受け取ってください。

■利用期間中

  • 利用する施設の鍵管理は、利用者が責任をもって行ってください。
  • 万一、鍵を紛失した場合は、直ちに事業課担当係まで連絡してください。
  • 鍵の抹消、交換等に要する全ての費用は、利用者に請求します。
  • 鍵を紛失したエリアの施設管理責任については、影響が及ばないよう十分な警備体制をとってください。
  • 利用期間中に施設内の設備等を破損させた場合は、事業課担当係に速やかに連絡してください。
  • 担当係と現場を確認後、破損報告書を提出してください。後日、補修に要した費用を負担していただきます。
  • 利用期間中は、毎日、利用終了後に利用報告書を事業課担当者にご提出ください。

■競技フロアの養生について

  • 行事の内容によっては、競技フロアに養生が必要になる場合があります。養生シートは、当場にて用 意してありますが、そのシートの設営・撤去に係る費用は、主催者負担となります。

■利用終了

  • 搬出、当競技場備品の収納、清掃等の原状回復が終了後、事業課担当係へ連絡してください。担当係が利用団体立会いのもと、施設、設備、備品等の原状回復の確認を行います。
  • 原状回復確認後、鍵の返却、利用報告書の提出をもって終了とします。

(8)禁止、制限行為

  • 施設利用の主目的が物品販売であるもの(物産展、バザー、バーゲンセール、即売会等)及び飲食を目的とするもの(食品店、試飲、試食即売会等)の場合は、利用施設並びに当競技場が認めたエリアに限り、販売を認めます。
  • 施設利用の主目的以外の物品販売については、利用目的に関連のある物品(記念品)を、利用施設及び当競技場が認めたエリアに限り販売を認めます。
  • ペット類の持ち込みは禁止します。
    ただし、身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)や演出上必要な動物を除きます。

(9)利用期間中の清掃及びゴミ処理

  • 当競技場を利用し、主催側で発生したゴミ処理は、全て主催者側の責任と費用負担において場外搬出処分を行ってください。(ただし、当場飲食売店で販売された商品のゴミは、当場で処分いたします。)
    ■残ったパンフレット、プログラム、ポスター等
    ■ケイタリングサービスで発生したゴミ
    ■生花、スタッフ等の弁当ガラ(業者による引取りを手配する。)
    ■サンプリング等、多量のゴミが場外に及んだ場合、場外のゴミ処理も実施してください。
  • 利用期間中は、アリーナ、客席、附属設備(ロビー、控室、トイレ等)を清潔に保ってください。
  • 物品販売、製品展示会等の目的で利用する場合は、展示物の搬入搬出及び装飾等の設営、撤去時の残材や廃材、梱包材、紙屑等を会場内に放置せずに、毎日、完全に場外搬出処分し、廃棄物(ゴミ)の減量化に努めるよう、関係者にも周知徹底してください。
  • 不明な点は、あらかじめ当場担当係にご相談ください。

近隣の宿泊施設

オリンピック記念青少年総合センターの写真 オリンピック記念青少年総合センター
代々木競技場から徒歩12分。宿泊のみの利用も可

センターFacebook

ページトップへ